プリウスとランボルギーニに学ぶダイエットのコツ?

体の違いと車の違いはとても似ています。
その内容からダイエットの
本質と可能性について示します。

 

不明確だったダイエットの本質を
理解して改善をしていくことが
今後のダイエットの成果につながると思います。

 

プリウスとランボルギーニの違い

早速タイトルにありますプリウスとランボルギーニに学ぶ
ダイエットのコツについて話をしたいと思います。

 

一体どういうことか??
双方の車はとても対照的です。
何が対照的か??

 

スバリ燃費の良し悪しの違いになります。

 

燃費とはどれだけのエネルギーで、
どれだけの距離動くことができるか??
ということになります。

 

少し車の説明をさせていただきます。

 

プリウスはトヨタの誇るハイブリッド車で、
燃費の良さは有名ですね。
何と40・/1・という燃費の良さを誇ります。
自家用車であればとても望ましいですね。

 

次に燃費の悪さNo. 1の呼び声も高い車が
ランボルギーニ ムシエラゴで
何と3.4・/1・という驚異の燃費の悪さになります。
自家用車であれば家計に打撃が出そうです。

 

プリウス欲しい!!と
私はなりました♪

 

そしてここからが本題です。

 

人間の体を車で例えると、
筋肉量の少ない方をプリウス
筋肉量の多い方をランボルギーニ

 

そうすると・・・

 

プリウスの方は燃費がめちゃくちゃいいんです。
ということは、あまりエネルギーを消費しません。
摂取エネルギーよりも消費したエネルギーが、
上回ることで、体脂肪が燃焼されます。

 

例えば太ってしまう方の多くは
プリウスで走っていて、
ガソリンが減っていない状態なのに、
さらに給油をしていることと同じです。

 

するとどうなるか??

 

当然ガソリンは溢れてしまいます。

 

その溢れた分が、なくなればいいのですが、
人間はその分を脂肪として蓄えてしまいます。
なおかつ蓄えに制限がありません。
給油して溢れた分を貯めてしまうんです。

 

これを繰り返していくと、
どんどん理想と現実とのギャップは大きくなってしまいます。

 

ではランボルギーニはどうか??

 

少しの動きでもエネルギーを消費していきます。
その分、ガソリンを必要とします。
たくさん消費するので、
たくさんのエネルギーを補給しても
またすぐに使われてしまいます。

 

ではこのランボルギーニを人間のダイエットに比べるとどうなるか?

 

当然たくさん食べれるというわけです。
食べても消費するので、痩せていきます。

 

すぐにガソリンを入れないと、
逆に走れなくなってしまうということですね。

 

ランボルギーニは人間で例えると筋肉質で引き締まった体

人間の体を車で例えると、
プリウスになりたいでしょうか??

 

個人的には美味しいものをたくさん食べたいので、
間違いなくランボルギーニになりたいです。

 

さらに、価値観の違いもありますが、
ランボルギーニの方がカッコイイと思います。
これは筋肉をつけた方が、
キレのある引き締まった体型であることにも
比例していますね。

 

そしてここからが最重要です。
もっとも伝えたいことです。

 

本当のプリウスであれば、
ランボルギーニを欲しいと思ったら
買い直さないといけません。

 

しかし、人間の体であれば
今はプリウスでも、ランボルギーニのように
変化をしていくことができます。
正しい知識を学んでその方法でダイエットを行えば
燃費が悪い・・・つまり代謝の高い身体になることができます。

 

車体【身体】は自分で変えることができる

人間の身体には大きな可能性があります。

 

その可能性をコントロールするのは、
運転手である、アナタしかいません。

 

そしてその大きな可能性をコントロールする秘訣は
【筋肉】にあります。

 

人間のエネルギーの貯蔵庫は主に肝臓と筋肉です。

 

肝臓を大きくすることは簡単にできませんが、
筋肉を大きくすることは正しいノウハウで行っていけば
容易にできます。

 

正しいトレーニングを行い筋肉量が増えると
消費されるエネルギーが向上し
リバウンドのしにくい太りにくい身体ができます。
なおかつボディラインも引き締まり見た目も圧倒的に変化します。

 

ダイエットを成功させるコツはいかにして
消費エネルギーの高い体を作るかにあります。

 

プリウスではなく、ランボルギーニを目指して
正しくダイエットをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です