停滞期を理解してダイエットで成功

ダイエットをしていると多くの人がぶつかる
ハードルがあります。
それが停滞期です。

それまではスムーズに体重の減少が
起こっていたのにも関わらず急に変動がなくなったり
逆に増えたりする現象です。

せっかくの努力も報われないと
悲観的になってしまう場合もあります。

停滞期は長く続く人は1ヶ月以上も変動のない体型に
悩まされる人もいます。

停滞期を理解して
停滞期の解消方法を実施して
スムーズにダイエットを成功に導きましょう。

なぜ停滞期は起こるのか?

スムーズに減っていた体重がいきなり止まる
消費エネルギーが摂取エネルギーを上回れば
必然的に体重は減少するはずなのに何故??

パニックに陥る方もいるほど
厄介な停滞期は何故起こるのか??

これは人間のホメオスタシス=恒常性維持機能という
働きによって起こると言われています。

このホメオスタシスとは
簡単に言うと人間を一定の健康状態に
戻すという機能になります。

わかりやすく言うと
熱が出ると汗を出し
下げようとします。

しかし一定の熱に戻ると
それ以上に下げることはしません。

これがホメオスタシスです。

風邪をひくと
その状態を異常と察知し
免疫力によってウイルスを排除しようとするのも
ホメオスタシスの働きです。

ホメオスタシスの働きによって
人間は健康を保てているのですが
ダイエット中はリスクになる場合が多いのです。

今までの体型を記憶しているので
ダイエット中に急激な体重の変動があると
このホメオスタシス機能が働き
これ以上体重が減ると健康状態に危害が及ぶと察知します。

それにより人間は食べたものをできるだけ栄養に変え
それを体に溜め込みそのエネルギーを
消費しないように代謝を下げてしまいます。

代謝が下がると消費エネルギーが低下するので
ダイエットをしていても
なかなか体重の減少が出てこなくなるのも当然です。

簡単に言うと・省エネ・状態になるということです。

ダイエットはいかに消費エネルギーを
上回らせて体重の減少に努めるかが大事ですので
このホメオスタシスの働きは
ダイエット中はマイナスに働くということです。

どのような場合に停滞するか?

停滞期の起こる原因は
主に大幅なダイエットを行うと
起こりやすいとされています。

具体的には体重の5パーセント程度の
体重の減少が早いペースで
起こるとホメオスタシスが働き
省エネモードになることがあります。

75キロでダイエットを開始したとすれば
マイナス3.75キロダイエットすると
停滞期に入る恐れがあるということです。

どういうダイエット方法の際に
停滞は起こりやすいかといえば
やはり落ち幅の変動が大きなダイエットは
停滞期にも入りやすいと思います。

例えば糖質オフダイエットや

断食などはそれに当てはまると思います。

せっかくの大幅なダイエットも
停滞期が来てしまっては
その努力も台無しになりかねません。

停滞期が来ないようにするか
停滞期を打破する方法を
知ることでダイエットを遠回りすることなく
成功に導くことになります。

停滞期を打破するには

停滞期を打破するには
急激なダイエットを避けることです。

いい例が断食です。

例えば今まで2000キロカロリー摂取していた人が
いきなり限りなくエネルギーを摂らなくなるのですから
当然急激に体重は減ることになります。

そうすることで
身体の異常を感じホメオスタシス機能が働きます。

摂取カロリーを急激に下げるような
ダイエットは停滞を迎えやすいと
思っていいということです。

では具体的にはどう解消するべきか??

今までの話で当然ですが
極端な食事制限をしないことです。

おやつが多くて太っていたのなら
まずはそのおやつをやめるとか
そういったところから改善をしていくと
停滞は迎えにくいと思われます。

次に運動量を見直すことです。

ダイエットを意気込んで
食事制限も運動も頑張りすぎると
停滞を迎えやすくなります。

停滞期を打破するまでは
勇気を持って運動をやめてみるのも
一つの手段であると思います。

そして一番は専門家に相談をすることです。

パーソナルトレーナーや
ダイエットアドバイザーに
聞くことが一番のダイエットの成功につながります。

ダイエット中の停滞期を理解して
ダイエットを諦めるのではなく成功に導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です