ダイエットはメニュー選びが重要

ダイエットを行う上で
大事になることがどのようなダイエットを行って
理想の体型を作るかということです。

つまりどのようなダイエットメニューで行うかが
ダイエットを成功するには大きな要素になります。

ダイエットを成功するための
ダイエットメニューの選択を明確にして行いましょう。

有酸素運動か無酸素運動

今までの生活週間に比例して
今の体型が成り立っています。

つまり体型を変えるには
これからの生活習慣を変えていく必要があります。

特に体型に関与する習慣が運動習慣です。

運動を取り入れることによって
消費カロリーが向上するため
ダイエットに繋がります。

その運動のメニューの選択が大事になります。

まずは有酸素運動で痩せるか無酸素運動で痩せるか
というメニューの選択が大事になります。

有酸素運動とはウォーキングやジョギングなどの
運動を指します。

特徴としては運動をしている時間に
脂肪燃焼効果が見込めるということです。

無酸素運動とは筋トレのことです。
筋肉に刺激を与え筋肉量を増やすことで
基礎代謝と呼ばれる
何もしなくても勝手に使われるエネルギー量を増やします。

基礎代謝が増えることで
太りにくいリバウンドしにくい体型になります。

有酸素運動とは違い
運動中に直接的に脂肪燃焼を行うことはありません。

あくまで筋肉を成長させて
基礎代謝を向上することが目的です。

イメージとしては
有酸素運動だけで痩せると
マラソンの長距離の選手のような細身の体型になります。

無酸素運動だけで痩せると
短距離の選手のような筋肉質な体型になります。

まずは自分がどういう体型になりたいかということを
考えてみて運動のメニューを選択することが適切であると思います。

カロリー制限か糖質オフ

運動も体型を変える上では
大事なことですが
同じように食習慣もとても大事な要素になります。

人間は今までの食べたものから
作られていますので
食習慣は直接的に体型に関わります。

食事でダイエットを行う中で
特に代表的な方法が
カロリー制限で痩せるか糖質制限で痩せるかという方法があります。

ご自身のライフスタイルにあった
メニューでダイエットを行うことが
ダイエットの成功に近づくと思います。

まずはカロリー制限ですが
人間は摂取カロリーよりも消費カロリーが
上回れば必然的に痩せていきます。

ということは極端にいうと
何も食べなければ勝手に痩せていくということです。

カロリー制限は
食事の摂取エネルギーを改善して
痩せていく方法です。

特にカロリーが高い栄養素は
脂質になりますので
脂質の高いお肉やお魚を減らしていくようになります。

そうすることで摂取カロリーを下げていき
痩せていく方法です。

次に糖質制限に関しては
現代人の一番の肥満の原因とも呼ばれる
糖質の過剰摂取がありますが
その糖質を極力減らす方法です。

そうすることで人間の主たるエネルギー源である
糖質がなくなるため
次にエネルギー源となる
脂質や体脂肪をうまくエネルギーとして使っていく痩せ方です。

具体的には肉や魚をメインで食べて
ご飯やパンなどの主食を控えるイメージです。

カロリー制限も糖質オフも
どちらもダイエットには適していると言えますが
ご自身のライフスタイルや性格に合わせて
行うことが望ましいと言えます。

継続こそ力なり

これからの習慣を変えることが
理想の体型になるための方法ですが
そのためのメニューはたくさんあります。

しかし根本的に大事な考え方としては
どのようなダイエットメニューを行うにしても
ダイエットは1日で成し遂げることは無理ということです。

ダイエットは1日にしてあらず
継続こそ力になります。

つまり継続できる
ダイエットメニューを選択することが
とても重要になります。

きつすぎるメニューや
仕事上どうしても難しい食事メニューで行っていても
継続することができません。

ダイエットメニューを選択する際は
ご自身のなりたい理想と
ライフスタイルを見極めて
継続して行い目標達成できるメニューを選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です