ストレッチがダイエットに効果的な理由

ダイエットといえば食事制限や筋トレ
ジョギングやウォーキングなどが目立つと思いますが
実はダイエットにとても効果的なものとして
“ストレッチ”があります。

ストレッチを正しく理解することで
健康と理想の体型を手に入れることにつながります。

正しくストレッチを理解して理想を手に入れましょう。

ストレッチの効果

ストレッチの大きな効果としては
血流促進や柔軟性向上が挙げられます。

まずは血流促進に関してですが
例えば肩こりが起こる要因としては
長時間同じ姿勢をとることによって
筋肉が収縮した状態が続きストレスになります。

その状態が慢性的に続くと
血流が悪くなり肩こりになります。

そして血流が悪いということは
読んで字のごとく血の流れが悪いということですので
比例して代謝が下がってしまいます。

つまりストレッチを行うことによって
今まで血液の循環が悪くなっていた筋肉を解消して
血流を促進し結果として代謝が上がるということです。

代謝とは消費されるエネルギーのなりますので
ダイエットにとって必要不可欠なエネルギーの向上が期待できます。

また筋肉は”収縮”と”弛緩”の働きがありますが
この調和を保つことが姿勢の改善につながります。

わかりやすく言うと
猫背の方は体の前面が収縮しているのに対して
背面が弛緩してしまっている状態です。

これでは普段から使われている筋肉も
少なくなりますし代謝が下がってしまいます。

この場合にはストレッチを行うことによって
収縮している部位を伸ばして
今まで収縮してしまっている筋肉をゆっくりと伸ばしていきます。

そうすることで体のバランスが保たれていき
正しい姿勢をキープすることができるようになります。

体の正しい姿勢をキープすることは
満遍なく筋肉が働いていることになりますので
基礎代謝が上がっていくということです。

これがストレッチによる柔軟性を向上する大きなメリットになります。

つまり血流促進も柔軟性の向上も
ダイエットに必要不可欠な
“基礎代謝”を上げていくことに大きな効果を発揮します。

ストレッチの有用性

ストレッチと他のダイエット種目との違いは明確です。

その違いはストレッチを継続していく上で
とても重要なものになります。

日々の行動の積み重ねが
体型を作りますので継続していくことができなければ
そもそもダイエット効果は期待できません。

具体的にはどのような違いがあるかですが
まずはジョギングや筋トレなどのダイエットでは
どうしても強度や時間が大きく関わってきます。

強度というのはジョギングでしたら
走るペースによって消費エネルギーが変わるということです。
筋トレでしたら重量や回数によって効果が異なるので
精神的なストレスは少なからず発生します。

その点ストレッチでは
無理をしない程度で行うので
精神的なストレスはその他のダイエット種目と比べると
少ないと言えます。

精神的なストレスが少なければ
継続して続けることもできると思いますので
体型を変えていく上では即効性はありませんが
習慣化して体型を変えることにはとても適していると言えます。

なんといっても怪我の予防

そしてストレッチが最大のダイエット効果をもたらす要因は
怪我の予防にあります。

少し考えてみてください。
毎日ジョギングを行うためには
理想的な体型以前に健康的な身体が必要不可欠になります。

健康的であるから毎日のジョギングが続けれるのですが
もしも怪我をして走れなくなってしまっては
せっかく痩せていた体重も元に戻ってしまいます。

筋力トレーニングはもっと怪我のリスクが高くなります。
柔軟性があるから最大限のパフォーマンスが得られますし
最大限の効果を引き出すことができます。

そのためにはストレッチのもつ最大の魅力である
“怪我の予防”をぜひ実践して手にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です