プロテインは正しく使えばダイエットの強い味方

ダイエットを行う中で不可欠な食習慣の改善です。
食習慣の改善をおこなう中で注意すべき点は
栄養素のコントロールになります。

 

人間の体は食べたものから作られていますので
体型に変化を望むのでしたら
食べたもの・・・つまり摂取する栄養素に
変化をつけることが最善になります。

 

しかしひとえに栄養素のコントロールといっても
どのようにコントロールしていけば
良いのかわからない場合もあると思います。
その時に役に立つものが【プロテイン】です。

この場合はサプリメントとしての
プロテインを指します。

 

栄養補助食品として
プロテインを生活に導入することで
ダイエット効果を引き上げてくれます。

 

プロテインを正しく理解して
ダイエットの強力な武器として
活用してみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットにプロテインが適している理由

プロテインとは日本語で・たんぱく質・を指します。
そのたんぱく質をより摂取しやすく簡易的にしたものが
サプリメントとしてのプロテインになります。

 

たんぱく質は人間の3大栄養素と呼ばれる
大切なエネルギー源になるわけですから
当然ダイエットに限らず必要な栄養素になります。

 

では特にダイエットを行う方が
プロテインを必要とする理由としては
体型を変えるにあたり筋肉量の向上が
基礎代謝の向上に比例していきます。

 

基礎代謝とは1日に何もしなくても
勝手に消費されていくエネルギーになります。

 

つまりこの基礎代謝上がることで
痩せやすく太りにくい体質を手にすることができます。

 

そのためには筋肉を増やすことですが
筋肉の材料であるたんぱく質がないと
筋肉が増えることはありませんのでプロテインの
摂取がダイエット効果を引き上げることにつながるということです。

 

プロテインの効果を引き上げるには
筋力トレーニングも大事になります。
筋力トレーニングとプロテインを合わせることで
筋肉量の向上が効率的に行うことができます。

 

また食事管理や筋トレ以外の運動・・・
ジョギングや、水泳やウォーキングなどの有酸素運動で痩せる場合は
筋肉の減少が起こる可能性が高くなります。

 

筋肉の減少が起これば
いくら痩せても基礎代謝が下がり
太りやすくリバウンドしやすい体質になってしまいます。

 

その際に役に立つのもプロテインです。

 

サプリメントとして
筋肉の分解が起こりやすいタイミングで
プロテインを摂取していけば
極力筋肉の分解を防ぐことにもつながります。

 

前途のようにダイエットを行う中で
プロテインを正しく活用さえすれば
ダイエットに適したものになります。

 

プロテインは太る??

プロテインは太るという話は耳にしたこともあるのではないでしょうか。
この恐怖からプロテインを敬遠してしまえばとても勿体無いことです。

 

結論としてはプロテインで太る可能性はあります。
しかしあくまで栄養補助食品ですので
その他の食事とのバランスを考えて余剰分がでれば太るということになります。

 

つまりプロテインで太ると言う場合は
そもそも他の食材のカロリーを見直すことが先決であると思います。

 

理由としてたんぱく質は1グラム4キロカロリーに対して
脂質は1グラム9キロカロリーになります。

 

つまりプロテインを減らすよりも
その他の食材の脂質を減らすことが
ダイエットには効果的ということになります。

 

またプロテインを筋肉をつけることを目的に
摂取している場合は
筋肉の向上に伴って体重が増えることは多々あります。

 

理由としては脂肪よりも
筋肉が重量が重いため
筋肉量の増加に比例して必然的に体重は向上します。

 

この場合は体重ではなく
体型を変えることがダイエットの目的だと思いますので
体脂肪やその他の数値を指標にすることをおススメします。

 

プロテインを飲むタイミングはいつがいいのか??

目的やライフスタイルに応じて
飲むタイミングを選びやすいことも
プロテインの強みであると思います。

 

例えばダイエットが目的であれば
夜の食事を置き換えでプロテインにすれば
ダイエット効果が上がります。

 

朝食をいつも抜いていた方が
朝にプロテインを摂取すれば
筋肉の分解を防ぐことになります。

 

間食でおやつを取っていた方が
間食にプロテインを摂ることも
ダイエットにはいい方法だと思います。

 

本当に様々な目的・ライフスタイルに合わせて
取り込むことができますので
プロテインでうまくダイエットにつなげてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です