プロテインは正しく使えばダイエットの強い味方

ダイエットを行う中で不可欠な食習慣の改善です。
食習慣の改善をおこなう中で注意すべき点は
栄養素のコントロールになります。

 

人間の体は食べたものから作られていますので
体型に変化を望むのでしたら
食べたもの・・・つまり摂取する栄養素に
変化をつけることが最善になります。

 

しかしひとえに栄養素のコントロールといっても
どのようにコントロールしていけば
良いのかわからない場合もあると思います。
その時に役に立つものが【プロテイン】です。

この場合はサプリメントとしての
プロテインを指します。

 

栄養補助食品として
プロテインを生活に導入することで
ダイエット効果を引き上げてくれます。

 

プロテインを正しく理解して
ダイエットの強力な武器として
活用してみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットにプロテインが適している理由

プロテインとは日本語で・たんぱく質・を指します。
そのたんぱく質をより摂取しやすく簡易的にしたものが
サプリメントとしてのプロテインになります。

 

たんぱく質は人間の3大栄養素と呼ばれる
大切なエネルギー源になるわけですから
当然ダイエットに限らず必要な栄養素になります。

 

では特にダイエットを行う方が
プロテインを必要とする理由としては
体型を変えるにあたり筋肉量の向上が
基礎代謝の向上に比例していきます。

 

基礎代謝とは1日に何もしなくても
勝手に消費されていくエネルギーになります。

 

つまりこの基礎代謝上がることで
痩せやすく太りにくい体質を手にすることができます。

 

そのためには筋肉を増やすことですが
筋肉の材料であるたんぱく質がないと
筋肉が増えることはありませんのでプロテインの
摂取がダイエット効果を引き上げることにつながるということです。

 

プロテインの効果を引き上げるには
筋力トレーニングも大事になります。
筋力トレーニングとプロテインを合わせることで
筋肉量の向上が効率的に行うことができます。

 

また食事管理や筋トレ以外の運動・・・
ジョギングや、水泳やウォーキングなどの有酸素運動で痩せる場合は
筋肉の減少が起こる可能性が高くなります。

 

筋肉の減少が起これば
いくら痩せても基礎代謝が下がり
太りやすくリバウンドしやすい体質になってしまいます。

 

その際に役に立つのもプロテインです。

 

サプリメントとして
筋肉の分解が起こりやすいタイミングで
プロテインを摂取していけば
極力筋肉の分解を防ぐことにもつながります。

 

前途のようにダイエットを行う中で
プロテインを正しく活用さえすれば
ダイエットに適したものになります。

 

プロテインは太る??

プロテインは太るという話は耳にしたこともあるのではないでしょうか。
この恐怖からプロテインを敬遠してしまえばとても勿体無いことです。

 

結論としてはプロテインで太る可能性はあります。
しかしあくまで栄養補助食品ですので
その他の食事とのバランスを考えて余剰分がでれば太るということになります。

 

つまりプロテインで太ると言う場合は
そもそも他の食材のカロリーを見直すことが先決であると思います。

 

理由としてたんぱく質は1グラム4キロカロリーに対して
脂質は1グラム9キロカロリーになります。

 

つまりプロテインを減らすよりも
その他の食材の脂質を減らすことが
ダイエットには効果的ということになります。

 

またプロテインを筋肉をつけることを目的に
摂取している場合は
筋肉の向上に伴って体重が増えることは多々あります。

 

理由としては脂肪よりも
筋肉が重量が重いため
筋肉量の増加に比例して必然的に体重は向上します。

 

この場合は体重ではなく
体型を変えることがダイエットの目的だと思いますので
体脂肪やその他の数値を指標にすることをおススメします。

 

プロテインを飲むタイミングはいつがいいのか??

目的やライフスタイルに応じて
飲むタイミングを選びやすいことも
プロテインの強みであると思います。

 

例えばダイエットが目的であれば
夜の食事を置き換えでプロテインにすれば
ダイエット効果が上がります。

 

朝食をいつも抜いていた方が
朝にプロテインを摂取すれば
筋肉の分解を防ぐことになります。

 

間食でおやつを取っていた方が
間食にプロテインを摂ることも
ダイエットにはいい方法だと思います。

 

本当に様々な目的・ライフスタイルに合わせて
取り込むことができますので
プロテインでうまくダイエットにつなげてみてください。

ストレッチがダイエットに効果的な理由

ダイエットといえば食事制限や筋トレ
ジョギングやウォーキングなどが目立つと思いますが
実はダイエットにとても効果的なものとして
“ストレッチ”があります。

ストレッチを正しく理解することで
健康と理想の体型を手に入れることにつながります。

正しくストレッチを理解して理想を手に入れましょう。

ストレッチの効果

ストレッチの大きな効果としては
血流促進や柔軟性向上が挙げられます。

まずは血流促進に関してですが
例えば肩こりが起こる要因としては
長時間同じ姿勢をとることによって
筋肉が収縮した状態が続きストレスになります。

その状態が慢性的に続くと
血流が悪くなり肩こりになります。

そして血流が悪いということは
読んで字のごとく血の流れが悪いということですので
比例して代謝が下がってしまいます。

つまりストレッチを行うことによって
今まで血液の循環が悪くなっていた筋肉を解消して
血流を促進し結果として代謝が上がるということです。

代謝とは消費されるエネルギーのなりますので
ダイエットにとって必要不可欠なエネルギーの向上が期待できます。

また筋肉は”収縮”と”弛緩”の働きがありますが
この調和を保つことが姿勢の改善につながります。

わかりやすく言うと
猫背の方は体の前面が収縮しているのに対して
背面が弛緩してしまっている状態です。

これでは普段から使われている筋肉も
少なくなりますし代謝が下がってしまいます。

この場合にはストレッチを行うことによって
収縮している部位を伸ばして
今まで収縮してしまっている筋肉をゆっくりと伸ばしていきます。

そうすることで体のバランスが保たれていき
正しい姿勢をキープすることができるようになります。

体の正しい姿勢をキープすることは
満遍なく筋肉が働いていることになりますので
基礎代謝が上がっていくということです。

これがストレッチによる柔軟性を向上する大きなメリットになります。

つまり血流促進も柔軟性の向上も
ダイエットに必要不可欠な
“基礎代謝”を上げていくことに大きな効果を発揮します。

ストレッチの有用性

ストレッチと他のダイエット種目との違いは明確です。

その違いはストレッチを継続していく上で
とても重要なものになります。

日々の行動の積み重ねが
体型を作りますので継続していくことができなければ
そもそもダイエット効果は期待できません。

具体的にはどのような違いがあるかですが
まずはジョギングや筋トレなどのダイエットでは
どうしても強度や時間が大きく関わってきます。

強度というのはジョギングでしたら
走るペースによって消費エネルギーが変わるということです。
筋トレでしたら重量や回数によって効果が異なるので
精神的なストレスは少なからず発生します。

その点ストレッチでは
無理をしない程度で行うので
精神的なストレスはその他のダイエット種目と比べると
少ないと言えます。

精神的なストレスが少なければ
継続して続けることもできると思いますので
体型を変えていく上では即効性はありませんが
習慣化して体型を変えることにはとても適していると言えます。

なんといっても怪我の予防

そしてストレッチが最大のダイエット効果をもたらす要因は
怪我の予防にあります。

少し考えてみてください。
毎日ジョギングを行うためには
理想的な体型以前に健康的な身体が必要不可欠になります。

健康的であるから毎日のジョギングが続けれるのですが
もしも怪我をして走れなくなってしまっては
せっかく痩せていた体重も元に戻ってしまいます。

筋力トレーニングはもっと怪我のリスクが高くなります。
柔軟性があるから最大限のパフォーマンスが得られますし
最大限の効果を引き出すことができます。

そのためにはストレッチのもつ最大の魅力である
“怪我の予防”をぜひ実践して手にしてください。

ダイエットは夕食を改善して体型も改善

今までの行動の積み重ねが
今の体型を作っています。

つまり生活習慣と体型は比例します。

その中でも食事が
体型に関わる割合はとても多くなります。

多くの場合は理想の体型になるための
食習慣と実際の食習慣には
大きなギャップがあります。

そのギャップを埋めていくことが
体型を変える上ですごく重要になります。

そしてその食事の中でも
特に体型に多く関わるタイミングは
夜のお食事になります。

夜の食事を見直すことで
求める体型へと変化していきましょう。

なぜ夜は太りやすいのか??

そもそもなぜ夜の食事は
太りやすいのか??

ますは太るメカニズムを理解しておく必要があります。

一般的な生活をしている人であれば
昼が最も太りにくく夜が最も太りやすいです。

この理由は人間の代謝に
大きく関係しています。

代謝とは簡単にいうと
消費されるエネルギーになります。

消費エネルギーは朝から日中にかけて活発な時間にかけて
上がっていき夜に向けて下がっていきます。

もっと具体的にいうと
体が起きている状態の時に上がり
眠りに近づいていくと代謝が下がっていくということです。

つまり寝る時間に近ければ
消費エネルギーは下がるので
そのタイミングで食事をとると
太りやすくなります。

夜の食事は太ると言われるのには
こういった理由があります。

つまり夜の食事の過剰摂取は・危険・ということです。

夜の食事を改善していく

夜の食事の改善が
ダイエットに対しては必須になりますが
具体的にどのように行うことが適切か
いくつか具体例をあげていきます。

まずは夜の炭水化物は避ける。

現代人にとって太る一番の要因は
・糖質の過剰摂取・です。

その原因となるご飯・パン・麺などの
主食を太りやすいタイミングである
夜は思い切って避けるということもダイエットには効果的です。

いきなりご飯を抜くことは難しい場合は
ご飯ではなく玄米に変えれば
食物繊維が豊富で
脂肪増加を抑制してくれる働きもあります。

早食いになると玄米の
食物繊維がしっかりと
効果が働かないので
雑穀米などから始めると良いかと思います。

玄米や雑穀米は
糖質が少なくなりますので
ダイエット効果も期待できます。

他にもご飯ではなく
そばもオススメです。

こちらに関しては
GI値と呼ばれる血糖値の上昇の速さを
示す数値がご飯に比べると低いため
太りにくい麺になります。

まずは今食べている・ごはん・を
改善していくことが
無理なくダイエット効果をあげる秘訣になります。

ちょっとした工夫で大きな変化

工夫をすることで
夜の食事で太りにくくすることができます。

まずはフレンチ料理のフルコースに見立てた食べ方を行うということです。

フレンチ料理を食べるというわけではありません。

あくまで・食べ方・だけを取り入れるということです。

具体的にはフレンチのフルコースは
まずは前菜が出てきてスープが出てきて
メインディッシュというような流れがあります。

この流れは非常にダイエットに適しています。

前菜で食物繊維を摂取し
スープによってあらかじめお腹を満たし
そして一番栄養のあるメインディッシュともなれば
食事における満腹度は上がります。

夜の食事では過剰摂取が注意ですので
この食べ方はとても効果的です。

ぜひフレンチ料理のフルコースの流れを真似てみてください。

置き換えダイエットも効果的だと思います。

置き換えダイエットは
具体的に言うとプロテインをとることで
夜の食事の代わりにしましょうとか
野菜のスムージーをとることで
食事の代わりにしましょうというものです。

もちろん摂取カロリーが極端に減るので
ダイエットには効果的です。

しかしデメリットもあって
急激なカロリーの制限は
筋肉を減らしてしまい結果としては
代謝が下がりリバウンドのリスクが向上します。

ですが夜の食事であれば
夜はそもそも代謝が下がるため
筋肉の分解も起こりにくいといえます。

このタイミングでの置き換えは
ダイエットのリスクが少なく
ダイエット効果を高めてくれます。

置き換えダイエットをするなら
ぜひ夜に実施をしましょう。

ダイエットはシンプルに成功する

ダイエットを成功に導くためには
まずは成功の方法を知ることにあります。

 

当たり前のことですが
そうしないことには成功は
手にすることができません。

 

成功の方法を知って理解して行動して習慣にすることが
ダイエットを成功する上で不可欠なことになります。

 

しかしダイエットの失敗を繰り返す方は後を絶ちません。

 

この理由は前途した
・成功の方法を知ること・ができていないことと
・継続して行動ができていない・ことにあると思います。

 

まずは理解すること

ダイエットを成功に導くことと
料理がうまくなることや英語を話せるようになること
数学でいい点数を取ることは
さして違いはありません。

 

まずは成功の型があります。

 

その成功の型を理解することが
成功のための必須条件です。

 

例えば公式も知らずに
数学の方程式を解けるかといえば
解けないのと一緒です。

 

成功の型を理解しておらずにダイエットを行っても
運試しにしかなりません。

 

まずは正しい情報を理解することが大事です。

 

そしてここで大事なことが
知っていると理解していることの違いです。

 

知っている程度の知識では成果は出ません。

 

数学の公式でも曖昧に知っているだけでは
問題は解けないように
明確に理解することが大事になります。

 

ではその成功の型を学ぶにはどうすればいいのか??

 

これは簡単です。

 

理解している人に教えてもらうことです。
現代では正しいダイエットの方法を理解している環境が増えています。

 

パーソナルジムもそうですし
ダイエットコンシェルジュや
ダイエットアドバイザーなど
少し視野を広げると多くの方がダイエットを学び教えています。

 

他にも書籍などもたくさん出ています。

 

一番は直接会って教えてもらうことだと思いますが
本などで学べる人はそういう方法もありだと思います。

 

まずはダイエットの成功の型を学ぶことが大事です。
そのためには今と違う環境に飛び込みましょう。

 

劣後順位をつける

環境を変えることがダイエットを成功する上で
とても簡単な秘訣になります。

 

例えば家族みんなが太っているとします。

 

朝からカツ丼やステーキが食卓に
並ぶことが当たりまえの生活です。
それをずっと繰り返しています。

 

昼にはピザやラーメンで
夜は焼肉にイタリアンが毎日並びます。

 

そしてすぐに手の届くところには
いつもスナック菓子があり
冷蔵庫にはスイーツが大量に大人買いされています。

 

この環境で自分だけ・私は痩せる・と固く決意をしても
その環境の中で痩せることができると思いますか。

 

きっと難しいと思います。

 

周りはみんな太っていることが当たり前と思っているし
たくさん食べることが普通という環境です。

 

これでは痩せようとしている自分が
変なのか??と感じてしまうと思います。

 

とても大げさな例ですが
実際にこのようなことは日常的に起こっています。

 

つまりダイエットを簡単にするか難しくするかは
環境によってとても異なるということです。

 

例えば自分はダイエットを頑張っているのだけど
友達からカフェ行こうと誘われたら断りにくかったりします。

 

友達から夜焼肉に行こうと画像付きでLINEが来ると
なかなか断りにくいと思います。

 

こんな時に重要なことが
・やらないことを決める・ということです。

 

人間の時間は限られています。
その限られた時間でやることが多いとどうしても
ダイエットが後手になります。

 

そしてそのやることによって
ダイエットの妨げになることがあります。

 

例えば先ほどの友達の誘いや食事の誘いです。

 

今は本当に必要でしょうか??

 

ダイエットをすると考えたら
同時に今の行動を変える必要があります。
そのためにはまずは人生の中で・やらないこと・を決めて
本当にやるべきことだけを行いましょう。

 

時間は有限です。
この限られた時間をうまく自分の目標に合わせていくことが
とても重要になります。

 

あとはやり続けるだけ

・継続は力なり・ダイエットにはこの言葉がとても合います。

 

人間の体は1日ではできません。
日々の習慣によって今の体が作られています。

 

もちろんいい体型も悪い体型もどちらもです。

 

成功の型を学び
環境を変えたら
あとは成功するまで
やり続けるだけです。

 

これがダイエットを成功に導く
秘訣になります。

ダイエットブログでダイエットを成功に

ダイエットがうまくいかない理由は2つしかありません。
たったの2つです。

それは・・・
・ やり方が間違っている
・ そもそもやっていない

この2つです。

例えば美味しい料理を作れるようになりたいとしても
調味料を間違えると美味しい料理は作ることができませんし
継続して何度も作っていくことで徐々に美味しい料理が
作れるようになると思います。

ダイエットも同じです。
間違った方法では成功はしませんし
やり続けることができなければ
大きな変化を得ることはできません。

そのような
状況を解消する方法が
・日記・にあります。

日記から最新情報を得る

ダイエットを行うには
今はインターネットが普及しているので
情報をたくさん取得することができます。

ダイエットを自身のブログの中で日々
更新をしている人がいます。

その中で成功をしている人を見つけて
もしも自分がうまくいっていない場合に
成功者との・差・を明確に理解して正しい方法で
取り組むことができれば成功を手にすることが出来ます。

自分のやり方を100パーセント正しいと思うよりも
現在うまくいっている人の情報を理解して
行動することが成功のポイントです。

ぜひ自分の境遇や目標に似ている人の
ダイエットブログを見つけて参考にし
実践してみてはいかがでしょうか。

自分が日記を書く

自分がダイエットのブログを書くということも
体型を変える上では効果的です。

理由としては
情報を発信することで
さらにいい情報が集まるようになります。

例えば・・・
飲んでいるサプリメントなどを
ブログやSNSで紹介したとしたら
もっと適しているサプリメントの情報をもらう・・・なんてことも
珍しくは在りません。

正しい方法を見つけていくためにも
積極的に自分の体験や心境なども
綴ったダイエットブログなどを書くと効果的だと思います。

また・コミットメントの一貫性・という法則があります。

これは人というものは矛盾したことを避けたがるという
心理が働くというものです。

つまり宣言したことは
宣言通りに通したいということになります。

例えばブログの中で
「3ヶ月以内に10キロ必ずダイエットする!!」と
宣言することによってその宣言を守りたくなるので
ダイエットが成功しやすくなるということです。

また毎日の食事と体重も記事に書くなど
宣言してしまえばより強制力が働き
ダイエットに適していない行動は書きたくないので
自ずとダイエットに適した行動をとるようになるのではないでしょうか。

自分自身が発信者になることで
質のいい情報が入ってくることも多くなり
また目標を宣言することで
自分自身を追い込むという意味でもブログは効果的です。

仲間が増える

ダイエットに関わる発信を行うことで
同じような境遇の
仲間が見てくれることがあります。

そうすることで
普通に生活をしているだけでは
知り合うはずがないような
人とも交流をすることができます。

お互いが共通の目標を持っているので
共感し合えることもありますし、時には応援をしあったり
慰めあったり、一人でただダイエットを行なっていても
得られない環境が手に入ることになります。

例えば部活なんかも一緒で
一人で野球を練習していても
なかなか気分も乗らないかもしれません。

だけど全員が居残りで練習をして
野球がうまくなるように行動をしていれば
自分もその行動をすることが当たり前という
考え方になってくると思います。

ダイエットも同じで
一人で行なっていても
身近な友達は同じようにダイエットに本気で
望んでいる人は少ないかもしれません。

そうすると自分自身もその環境に飲まれて
誘惑に負けてしまったり
本当になりたい自分を見失ってしまうこともあると思います。

しかしブログなど自分から発信をしたり
発信している人とつながることで
ダイエットを日々チャレンジしている人の
環境が手に入ることになります。

環境を変えることで
ダイエットを成功に導く可能性が
高まるのであれば
ぜひダイエットブログに関わることをお勧めします。

ダイエットのための心構え

ダイエットを始めたのは良いけど・・・
気持ちが長く続かず断念。

 

去年も一昨年も
ダイエットと口にしてはいたけど
毎年失敗の繰り返し。

 

なんて自分は意志が弱いんだ・・・
自分は昔から三日坊主だから・・・
自分なんてダイエットはできない・・・

 

そのような苦い経験をしたことはありませんでしょうか。
もしくは今その経験をしている方もいるかもしれません。

 

この時にモチベーションさえ高ければ!!
そう思ったことはありませんか。

 

確かにずっとモチベーションが高ければ
ダイエットに成功すると思います。

 

ダイエットを成功するには
体重や体脂肪のコントロールの前に
まずは自身のモチベーションをコントロールすることが
とても重要になります。

 

目的は明確か??

ダイエットを成功に導くには
自身の高いモチベーションです。

 

今日はやる気!!
明日はやる気なし!!これでは
ダイエットも成功する術がありません。

 

ではそもそもモチベーションとはどのようにして
引き上げることができるのでしょうか。

 

モチベーションとは・動機・になります。
動機とは人が行動をする目的です。

 

つまりは目的が本気で動機付けできる
目的かどうかがとても重要になります。

 

目的とは-10キロ達成する!!とか
筋肉をつける!!ではありません。

 

これらは目的達成のための
目標になります。

 

人は目標では動機付けされることはありません。

 

目的にのみ動機付けされます。

 

もしも今、モチベーションが下がっている人は
原点に戻って・自分は何のためにダイエットしているのか・を
考える必要があると思います。

 

例えば、体型がコンプレックスで自分に自信を持てないから
自信を持つためにかっこいいカラダになる!!

 

好きな服を着れることで好きな場所に行けるし
今よりもポジティブになる!!

 

などといった明確でワクワクする目的がきっとあったはずです。
その目的ではなくていつしか目標であるはずの
体重や体脂肪を追いかけてはいませんか??

 

本当に追いかけるべきは自分が決めた目的になります。

 

今一度原点に戻り目的を思い出し
必要であれば自分の中で目的を具体的にしましょう。

 

そうすることでモチベーションが低くなることは
なくなると思います。

 

小さなゴールをいくつも準備する

ダイエットのためのモチベーションが続かない理由として
自分の中で自信がないという場合があります。

 

確かに自信がなければ
マイナス思考になり中々前に進めないと思います。

 

では自信を持つためにはどのように振る舞えば良いのか??
ということになりますが、それは簡単です。

 

スモールゴールをたくさん準備して
そのゴールテープを切るたびに自分自身を賞賛することです。

 

結局のところ今の自分に
少しづつ成功という経験を足していくしかありません。

 

その経験によって人は自信を持つことができます。

 

しかしスモールゴールがなく
最終ゴールだけを追いかけていてはどうでしょうか??

 

自信も何もありません。
表か裏かしかなければ自信を持つ方が難しいといえます。

 

例えばフルマラソンにいきなり挑戦することは自信ないけど
練習によって5キロ・・・10キロ・・・15キロ・・・
20キロも走れるようになればなんか本番では行ける気がしてくると思います。

 

そうやって今の自分に少しづつ自信を足していくことがとても重要です。

 

その自信によってモチベーションを低下することなく
ダイエットを成功に導くことができると思います。

 

ご褒美を決める

最後の方法は
自分対してちゃんと賛辞を送るということです。

 

具体的には自分に具体的な
ご褒美をあげましょう。

 

例えば-3キロ達成したら
好きな服を一着買うとか大好物を1日だけ好きなだけ食べるとか

 

ご褒美というのは
人によって価値観は違いますが
誰しも喜べることがあると思います。

 

自分自身を理解した上で行動を促進できる
内容を自分で自分にしっかりと提供しましょう。

 

自分へのご褒美によって
ダイエット中のモチベーションを低下することなく
成功に導きましょう。

ダイエットを意識した糖質制限の食材選び

肥満の一番の原因は
・糖質の過剰摂取である・という研究結果が
世の中に広まっています。

それに伴って
今までのカロリー制限とは全く異なる
食材の選び方でダイエットを行なっていく
必要があります。

正しく糖質制限の食材選びを理解して
最短のダイエットを目指しましょう。

糖質制限とカロリー制限の違い

そもそも痩せない理由は明確です。

摂取カロリーが消費カロリーを上回っているか
横ばいになっている状態にあるからです。

それなら痩せるには
摂取カロリーを減らすか、
消費カロリーを増やすかという話になります。

具体的にいいますと
食べる量を減らすか、運動量を上げるかです。

確かに食べる量を減らすと痩せていきます。

しかし簡単に食欲を我慢するような
強固な精神があればそもそもダイエットで
悩むことはないと思います。

そこで糖質制限という新たな考え方が
重要になります。

人間の主たるエネルギー源は
糖質と脂質になります。

そのうちメインエネルギーである
糖質をなくすことで
エネルギー源を脂質メインにします。

そうすることで
人間は蓄えられている脂質・・・
つまり体脂肪をエネルギーとして活用していく流れを作る
これが糖質制限の簡単な内容です。

糖代謝から脂質代謝へと
エネルギー活用をコントロールしていく方法が
糖質制限でダイエットを成功に導く方法です。

肉や魚をメインに食べる

糖質制限食を行うにあたって
重要なことがどのような食材を
選択することができるのかということになります。

主に糖質制限に適している食材としては
肉・魚・卵・大豆になります。
その他にも選択できるものはたくさんありますが
主たる内容としてはこの4種類になります。

肉や魚を食べながら
ダイエットを行うことができますので
カロリー制限ダイエットなどとは相反する方法になります。

肉に関しては牛も豚も鶏も問題なく
食べていい食材です。

牛肉にはカルニチンと呼ばれる脂肪燃焼効果が高い成分が
入っていますのでダイエットには適しています。
豚もビタミンが豊富で代謝を高めてくれます。

鶏に関してはいうまでもなく
ダイエットに適した食材ですし
特にささみに関しては脂質も少なく
高タンパクな食材ですのでダイエッターにはもってこいの食材です。

魚に含まれる油の
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は
脳の栄養にいいだけでなく脂肪燃焼効果もあります。

お刺身や焼き魚など
積極的にお魚を食事の中に摂り入れることができる食事です。

大豆に関しては全般選べるのですが
特に一般的に選びやすいのは
豆腐と納豆だと思います。

豆腐でしたらご飯の代わりにも代用できますし
豆腐ハンバーグや豆腐ピザなど
様々なレシピに応用することができます。

卵に関しては
完全栄養食品とも呼ばれるくらい
栄養価が高い食材です。
ゆで卵や目玉焼きでもいいですし
いろいろなレシピに応用することも
適していると思います。

上記のように
糖質制限では脂肪の原因になる糖質を極力省き
体を構成するためのたんぱく質と脂質を積極的に
食べてダイエットを行う方法です。

野菜の選択に注意

糖質制限で欠かすことのできない食べ物が野菜です。
様々な栄養を含む野菜を摂取することで
ダイエット効果も望むことができます。

しかし野菜といえど
ただ闇雲に選んでいては
ダイエットの妨げにもつながります。

糖質制限に適した
野菜の選択が重要になります。

まずは注意が必要な野菜に関しては
根菜やカラフルな野菜です。

根菜に関しては
ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、ヤマイモ、ジャガイモ、サトイモ、レンコンなどが
ありますが根菜は糖質が高い食材が多いのが特長です。

つまり糖質制限中は極力避けるべき食材になります。
またカボチャ、トマト、パプリカなどのカラフルな野菜は
食べた時に甘みを感じるものが多く
糖質量が比較的多いものが多い傾向にあります。

食材選びの際は注意が必要です。

野菜であればいいということはなく
糖質が少ない野菜を選択して
ダイエットを行うようにしてください。

ダイエットの方法として
糖質制限は効果的ですが
正しい食材選びを行わないと
逆効果になる場合もあります。

糖質制限に適した食材を理解して
効果的にダイエットを成功に導きましょう。

ダイエットはメニュー選びが重要

ダイエットを行う上で
大事になることがどのようなダイエットを行って
理想の体型を作るかということです。

つまりどのようなダイエットメニューで行うかが
ダイエットを成功するには大きな要素になります。

ダイエットを成功するための
ダイエットメニューの選択を明確にして行いましょう。

有酸素運動か無酸素運動

今までの生活週間に比例して
今の体型が成り立っています。

つまり体型を変えるには
これからの生活習慣を変えていく必要があります。

特に体型に関与する習慣が運動習慣です。

運動を取り入れることによって
消費カロリーが向上するため
ダイエットに繋がります。

その運動のメニューの選択が大事になります。

まずは有酸素運動で痩せるか無酸素運動で痩せるか
というメニューの選択が大事になります。

有酸素運動とはウォーキングやジョギングなどの
運動を指します。

特徴としては運動をしている時間に
脂肪燃焼効果が見込めるということです。

無酸素運動とは筋トレのことです。
筋肉に刺激を与え筋肉量を増やすことで
基礎代謝と呼ばれる
何もしなくても勝手に使われるエネルギー量を増やします。

基礎代謝が増えることで
太りにくいリバウンドしにくい体型になります。

有酸素運動とは違い
運動中に直接的に脂肪燃焼を行うことはありません。

あくまで筋肉を成長させて
基礎代謝を向上することが目的です。

イメージとしては
有酸素運動だけで痩せると
マラソンの長距離の選手のような細身の体型になります。

無酸素運動だけで痩せると
短距離の選手のような筋肉質な体型になります。

まずは自分がどういう体型になりたいかということを
考えてみて運動のメニューを選択することが適切であると思います。

カロリー制限か糖質オフ

運動も体型を変える上では
大事なことですが
同じように食習慣もとても大事な要素になります。

人間は今までの食べたものから
作られていますので
食習慣は直接的に体型に関わります。

食事でダイエットを行う中で
特に代表的な方法が
カロリー制限で痩せるか糖質制限で痩せるかという方法があります。

ご自身のライフスタイルにあった
メニューでダイエットを行うことが
ダイエットの成功に近づくと思います。

まずはカロリー制限ですが
人間は摂取カロリーよりも消費カロリーが
上回れば必然的に痩せていきます。

ということは極端にいうと
何も食べなければ勝手に痩せていくということです。

カロリー制限は
食事の摂取エネルギーを改善して
痩せていく方法です。

特にカロリーが高い栄養素は
脂質になりますので
脂質の高いお肉やお魚を減らしていくようになります。

そうすることで摂取カロリーを下げていき
痩せていく方法です。

次に糖質制限に関しては
現代人の一番の肥満の原因とも呼ばれる
糖質の過剰摂取がありますが
その糖質を極力減らす方法です。

そうすることで人間の主たるエネルギー源である
糖質がなくなるため
次にエネルギー源となる
脂質や体脂肪をうまくエネルギーとして使っていく痩せ方です。

具体的には肉や魚をメインで食べて
ご飯やパンなどの主食を控えるイメージです。

カロリー制限も糖質オフも
どちらもダイエットには適していると言えますが
ご自身のライフスタイルや性格に合わせて
行うことが望ましいと言えます。

継続こそ力なり

これからの習慣を変えることが
理想の体型になるための方法ですが
そのためのメニューはたくさんあります。

しかし根本的に大事な考え方としては
どのようなダイエットメニューを行うにしても
ダイエットは1日で成し遂げることは無理ということです。

ダイエットは1日にしてあらず
継続こそ力になります。

つまり継続できる
ダイエットメニューを選択することが
とても重要になります。

きつすぎるメニューや
仕事上どうしても難しい食事メニューで行っていても
継続することができません。

ダイエットメニューを選択する際は
ご自身のなりたい理想と
ライフスタイルを見極めて
継続して行い目標達成できるメニューを選択してください。

ダイエット中でもおやつが食べたい

ダイエットを行う上で
誘惑は避けては通れない道です。

 

その誘惑の代表的なものが
・おやつ・です。

 

甘いケーキや上品な和菓子から
塩味の効いたスナック菓子なども
おやつは様々なものがあります。

 

そしてそのおやつは
異常なカロリーの高さから
ダイエットの天敵でもあります。

 

ダイエットはしたいし
おやつも食べたいという方は
ぜひおやつとの正しい付き合い方を
理解してみてはいかがでしょうか。

 

運動量が高い日にはおやつを食べる

そもそも太る原因についてです。
人間は消費カロリーよりも摂取カロリーが
上回れば必然的に・太る・ということになります。

 

つまり食べた分を消費できなければ
太っていってしまうということです。

 

これが太るメカニズムです。

 

この原因を理解した上でおやつを食べたい場合は
運動量が多い日を選んで食べるようにしてみては
いかがでしょうか。

 

具体的には逆算して
食べる量を管理するということです。

 

例えば今日はいつもの生活習慣以外に
犬の散歩が30分間あるとすれば
前途した消費カロリーが高くなるわけですので
摂取カロリーを増やしても太りにくくなります。

 

逆に今日は運動量も少なく仕事もデスクワークメインで
帰ったらあとは寝るだけ・・・
もしもこのようなタイミングで
おやつを食べていては間違いなく太るということになります。

 

自身の生活習慣を理解して
適切におやつを食べるようにできれば
体型のコントロールもできるはずです。

 

太りにくいおやつを選ぶ

重要なことはおやつの種類です。
簡単に言うと・太りやすいおやつ・と・
太りにくいおやつ・があります。

 

ぜひ・太りにくいおやつ・を選んで
ダイエットを成功に導きましょう。

 

具体的にいうと糖質が高いおやつは
避けたほうがいいです。
例えば洋菓子や和菓子もそうですが
ポテトチップスなどのスナック菓子も
糖質が高くなります。

 

糖質は肥満の一番の要因とも言われています。
つまりダイエットの天敵です。

 

糖質が多いおやつは極力避けましょう。

 

ではどのようなおやつが
太りにくいのでしょうか。

 

ヨーグルトやチーズなどの
乳製品は糖質が控えめの製品が
多いのでダイエット中のおやつには
適していると言えます。

 

またカカオマスの高いチョコレートは
甘みは少ないですが
太らないチョコとして定評があります。

 

あとはスルメやあたりめなどの
お酒のつまみになるような
おやつは糖質が少なくたんぱく質も豊富で
オススメのおやつになります。

 

現在は糖質制限や低炭水化物が
世の中にもある程度認知されていますので
糖質オフのスイーツなんかも
よく出回るようになっています。

 

例えば低糖質のアイスや低糖質のケーキなども
コンビニやネットで販売されています。

 

このようなおやつの選択で
将来の体型の変化に大きな差が出ます。

 

・太りにくいおやつ・を選択するように心がけましょう。

 

食べるタイミングに注意する

どうしてもおやつを食べたい場合は
食べるタイミングを意識してみると
良いと思います。

 

具体的には時間帯を意識をして
おやつを食べるということです。

 

人間の1日を考えると
代謝が高い時間帯と代謝が低い
時間帯があります。

 

代謝が低くなる時間帯に食べていては
食べた分を消費することができないため
太りやすくなってしまいます。

 

代謝が高い時間帯におやつを食べて
うまく消費していくようにすれば
ダイエット中でもおやつを食べることができます。

 

人間は昼から夕方にかけて
交感神経が優位になります。

 

交感神経が優位になれば
代謝が向上し消費カロリーが上がります。

 

その代謝が高い夕方までにおやつを食べることが
タイミングとしては望ましいと思います。

 

逆に夜寝る前のおやつは
特に代謝も下がり消費カロリーが低くなるので
最も太りやすいタイミングであると言えます。

 

ダイエット中は
寝る前のおやつは控えることが望ましいです。

 

ダイエットは行いながらも
おやつを完全に絶つことは難しいという方は

 

太りにくい食べる内容、食べる時間、食べるタイミングを
理解しておやつと付き合ってみてはいかがでしょうか。

ダイエットのビフォーアフターは成功の軌跡

ダイエットの中で求めている結果とは
今と未来の変化になります。

その変化とは体型の変化もそうですが
その体型を手に入れた後の感情の変化も大事です。

そもそもダイエットを始めようということは
今の体型に関して何かしらの悩みがあるということです。

そしてそのダイエットの結果を
はっきりと残す手段がビフォーアフターの検証です。

ビフォーアフターを残すことで
さらにモチベーションを上げたり
分析を行うこともできます。

成功へと導くビフォーアフターの
検証を行いダイエットを成功に導きましょう。

写真の撮影は絶対に行う

ビフォーアフターで最も重要なことは
写真として記録に残すことです。

理由としては
ダイエットでは体型の変化を求めていると思います。
その体型の変化を視覚的に
検証できるものが写真になります。

具体的に言いますと
撮り方が重要になります。

まずは体全体が写るように徹底が大事です。
体全体のバランスをよくしていくことが
ダイエットを行い理想の体型を手にするためには
大事であるので全体を写して分析ができるように心がけます。

具体的には骨盤を軸にして
まっすぐと角度をつけることなく
撮影を行うとうまくいきます。

その際に両かかとをくっつけて
撮影をすると足の筋肉のバランスを見ることもできます。

体の弱点を把握して
その弱点にあったトレーニングを実施していけば
アフターの際に変化が現れるかもしれません。

次にできるだけ
肌着は少なくして撮影をしていくことも重要です。

例えば長袖長ズボンのジャージで撮影をしても
体型が隠れてしまい
ダイエット効果を検証することができません。

具体的には男性なら
上半身裸で下はトランクスやブリーフが理想です。

それが難しくても上半身は裸で下はハーフパンツなどオススメです。
特に男性は筋肉量が体型が大きく変わりますので筋肉が目立ちやすい
上半身は検証できるように写せると望ましいです。

女性ならスポーツ下着か水着で撮影をすると
理想であると思います。

それが難しい場合でも
お腹・二の腕・太ももは写るようにして
撮影ができると女性らいしい体型への検証がしやすいです。

ビフォーアフターでは視覚的効果のために
写真の撮影は定期的に行い検証しましょう。

メジャーリングを行う

前途の写真とは違い
視覚では把握できない検証になります。

メジャーリングで
部位ごとに計測を行いましょう。

メジャーリングによる計測を行うことで
モチベーションアップにもつながりますし
その検証からダイエットの見直しもできると思います。

例えば体重は順調に減っているけども
ウエストのサイズは理想とは程遠い・・・といった場合は
トレーニングの強度が足りないかもしれないなどといった分析ができます。

ぜひメジャーリング検証を行いましょう。

その中でも絶対に抑えときたい計測の部位は
ウエスト・太もも・二の腕・お尻になります。

特に体型の変化や服のサイズなどにも
大事な要素になりますので
必ず計測を行いましょう。

頻度としては1週間~1ヶ月ごとに
計れるといいと思います。

SNSを活用してモチベーション管理

ダイエットでビフォーアフター検証を行うにあたり
有効な方法として
Facebookやブログなどの
SNSを活用することです。

ダイエットは一人で行うと
どうしても寂しいものです。

しかし世界中で体型に悩みを持ち
今まさにダイエットを行っている方は
あなた以外にたくさんいます。

SNSなどで
体型の変化を更新していくと
必ず応援してくれる方も現れますし
有益な情報も手に入れることができるかもしれません。

そのような応援や情報は
ダイエットを行う中で
大いなるモチベーションアップにつながります。

ダイエットを行う中で
モチベーション管理が苦手な方や
自身の目標に対して責任感が強く持てない方は
ぜひSNSを有効に使ってみてはいかがでしょうか。

ダイエットを行う際に
ビフォーアフターの検証は必ず行い
ダイエットを成功に導いていきましょう。