ダイエット記録から・差・を埋める

今までの行動の結果が今の体型を作っています。
大きく体型を変えることを
望むのでしたらこれからの行動を大きく変える必要があります。

行動変えていく中で
重要なことが管理になります。

つまり自身の行動をしっかりと
記録として残していくことが大事です。

その記録から目標との差を分析して
その差を埋め合わせる行動をとり続ければ
必ず成果につながると思います。

まずは記録をすることで
体型の変化に導けるものを理解することが大事になります。

食事の記録

人間の体は食べたものからできています。
体型を変えるには食習慣を見直すことは
必須になります。

その際に日々の食事内容を記録することで
理想の体型との差を埋めるための
大事な要素になります。

大手のパーソナルジムなども
お客様の食事管理の徹底によって
目標の達成に導いている例は
少なくありません。

具体的には食事内容を写真に収め
その写真を担当のパーソナルトレーナーに
送ることでその記録と理想のギャップを埋める
アドバイスを行うといった内容です。

このやり方では
確かに成果は出ますね。

個人でダイエットをする場合も
食事の記録はとても重要になります。

今はアプリで食事管理ツールがたくさんあります。
ご自身の目標に合わせてアドバイスをくれるものもありますし
キャラクターを育てていくようなアプリもあります。

ダイエットは一人で行うと
なかなか孤独で過酷に感じるものです。

このような場合は
是非アプリなどを使い記録として残してみてはいかがでしょうか。

体組成計

目標を達成するにあたり
必要不可欠な記録が
体組成計を用いて
現状把握を行うことです。

体組成計とは主に体重や体脂肪や骨格筋率や内臓脂肪などを
計ことができる機器です。

いいものでしたら水分なども
計ことができます。

何事もまずは現状把握が大事です。

現状と目標の差を明確にして
その差を埋めていく行動をしていく必要があります。

その現状を理解するために
もっとも効果的な機器が体組成計であると言えます。

体組成計を使う上での注意点が
いくつかあります。

・ 計る時間を一定にする
・ 一喜一憂はしない
・ 継続して記録を残す

まずは計る時間を一定にするということですが
人間の体は生活と連動しています。

もちろん食事を食べた後に
測定すると増えますし
運動後に計ると減ります。

もしも様々なタイミングで
測定をしていては
はっきりとした現状把握ができません。

測る時間は一定にしましょう。
特にオススメは起床時に測定をすることです。

次に先ほども述べたように
思っている以上に
変動を繰り返しているのが
体重や体脂肪です。

毎日記録を取っていて
いちいち反応をしていては
気持ちが休まりません。

ダイエットはそもそも1日にしてあらず。
日々の行動が習慣になり
その習慣に沿った体型に変化します。

一喜一憂せずに未来を見据えて
記録をしていきましょう。

最後は継続して記録を残すということです。

記録は継続してこそ
意味をなします。

例えば今日の朝測定して
2ヶ月後の朝に測定をしても
一体何が理由で変動があったのか
断定ができません。

空白の2ヶ月の間には
ありとあらゆる原因が見つかってしまうのでは
ないでしょうか。

しかし毎日測定をしていれば
最近は食べ過ぎたとか
今週は運動を頑張ったなどの
習慣にあった変化を知ることができます。

継続して記録を残しましょう。

万歩計で活動を知る

とても手っ取り早く
日々の運動量を測る方法が万歩計です。

ダイエットは
摂取エネルギーよりも消費エネルギーが
上回れば必然的に痩せていきます。

車で例えると
ガソリンが給油で溢れることなく
走り続けていれば痩せていくということです。

あまり走らずに
給油をしていては
こぼれてしまいます。

その余剰なガソリンが
体脂肪として蓄積されているということです。

その際に一体どの程度走れば
給油が必要なのか、または給油をしても大乗なのか
そういった現状を把握するものが
万歩計になります。

どの程度歩けば
痩せることができるのか

その記録を把握することで
なりたい体に向けた運動量などが決まってきます。

ダイエットは計画的に

計画のための記録を怠らずに
ダイエットで成功を収めましょう。

トレーニング器具を使いこなしてダイエット

ダイエットを行うにあたり
たくさんの器具があります。

器具を使うことによって
トレーニング効果を引き出してくれるものや
安全にトレーニングを行うためのものや
姿勢を改善するためのものなど
器具のもたらす効果は様々です。

器具の効果を引き出すことが
ダイエット効果を引き上げることにも
つながっていきます。

ダイエット器具の
効果を理解してその効果を最大限引き出して
ダイエットを成功に導きましょう。

バランスボール

トレーニング器具の中で
一般の家庭にもかなり多く普及しているのではないでしょうか。

バランスボールとはエクササイズボールとも呼ばれ
元々はリハビリなどの目的で使われていたものですが
その効果の高さと簡単に効果を実感することができるため
一般家庭でも普及されたと言われています。

では実際にバランスボールの効果とは。

まずは代謝の向上になります。

具体的には不安定なボールになりますので
そのボールに座るだけで
無意識的にも姿勢にもバランスを保持しようとしますので
インナーマッスルの強化につながります。

座るだけで普段は使われない筋肉が
使われていきますので
代謝が向上し結果として痩せるということにつながります。

次にバランス感覚を養うことができます。
筋肉をバランス良く調整しながら鍛えることができますので
骨盤や姿勢の改善につながります。

歪みが改善されることにより
腰痛予防や怪我防止につながります。

そして最大のメリットは手軽に運動効果を得れることになります。

本当に座るだけで
エクササイズ効果があります。

椅子の代わりに座るようにするだけでも
ダイエット効果はありますし
テレビを見ながらでもダイエット効果を上げることができます。

また部屋とボールさえあれば
行えるエクササイズになりますので
天気や気候に左右されずに
ご自身のペースで運動を行うことができます。

ぜひバランスボールを活用して
日常の中でダイエット効果を高めていきましょう。

腹筋ローラー

腹筋ローラーもバランスボール同様に
一般家庭にも普及している器具と言えます。

腹筋ローラーの効果を知ることで
ダイエット効果を引き上げることにつながります。

腹筋ローラーとは
名前から腹筋を鍛えると思われがちですが
使い方は様々で腹筋以外にも
背筋や腕など多くの筋肉を鍛えることができる器具になります。

多くの筋肉を鍛えることができるということは
それだけ代謝も向上するため
ダイエット効果が期待できるということになります。

ではどのようにして鍛えるのかといえば
腹筋ローラーとは車輪の両端にバーが付いています。

そのバーを握りそのまま状態を伸ばしたり
縮めたりを繰り返すことによって
筋肉を鍛えていくという器具になります。

運動に慣れるまでは
膝をついて運動を行えば
安全に効果的にトレーニングを行うことができます。

そして慣れてきたら
膝を浮かして
体全体を伸ばしていくように
器具を使っていけば相当のトレーニング効果が期待できます。

欠点としては正しい使いかたをしないと
腰痛などの怪我のリスクもあるということです。

使い方によっては
かなり強度が高いので
徐々に強度を上げていくことをお勧めします。

トレーニングチューブ

トレーニングチューブは
応用性にとても富んだトレーニング期具です。

伸縮自在のチューブになりますので
強度設定も個人のレベルに合わせて行うことができます。

強度の設定ができるということは
初心者の方から経験の長い方まで
トレーニング効果が期待できるということになります。

最大の強みは
とにかく応用性になります。

チューブ一つで
胸や背中などの大きな筋肉だけでなく
二の腕や前腕なども鍛えることができます。

他の器具でこのようにたくさんの筋肉に
アプローチをかけることができる器具は
ないのではないでしょうか。

様々な筋肉を鍛えて発達させることで
基礎代謝の高い体を目指すことがダイエットに繋がります。

様々なダイエット効果が期待できる
ダイエット器具がありますが
結局のところその器具の特性を理解して
自分自身の目的やレベルに合わせて使いこなすことが大事になります。

ダイエット器具を使いこなして
ダイエット効果を上げていきましょう。

停滞期を理解してダイエットで成功

ダイエットをしていると多くの人がぶつかる
ハードルがあります。
それが停滞期です。

それまではスムーズに体重の減少が
起こっていたのにも関わらず急に変動がなくなったり
逆に増えたりする現象です。

せっかくの努力も報われないと
悲観的になってしまう場合もあります。

停滞期は長く続く人は1ヶ月以上も変動のない体型に
悩まされる人もいます。

停滞期を理解して
停滞期の解消方法を実施して
スムーズにダイエットを成功に導きましょう。

なぜ停滞期は起こるのか?

スムーズに減っていた体重がいきなり止まる
消費エネルギーが摂取エネルギーを上回れば
必然的に体重は減少するはずなのに何故??

パニックに陥る方もいるほど
厄介な停滞期は何故起こるのか??

これは人間のホメオスタシス=恒常性維持機能という
働きによって起こると言われています。

このホメオスタシスとは
簡単に言うと人間を一定の健康状態に
戻すという機能になります。

わかりやすく言うと
熱が出ると汗を出し
下げようとします。

しかし一定の熱に戻ると
それ以上に下げることはしません。

これがホメオスタシスです。

風邪をひくと
その状態を異常と察知し
免疫力によってウイルスを排除しようとするのも
ホメオスタシスの働きです。

ホメオスタシスの働きによって
人間は健康を保てているのですが
ダイエット中はリスクになる場合が多いのです。

今までの体型を記憶しているので
ダイエット中に急激な体重の変動があると
このホメオスタシス機能が働き
これ以上体重が減ると健康状態に危害が及ぶと察知します。

それにより人間は食べたものをできるだけ栄養に変え
それを体に溜め込みそのエネルギーを
消費しないように代謝を下げてしまいます。

代謝が下がると消費エネルギーが低下するので
ダイエットをしていても
なかなか体重の減少が出てこなくなるのも当然です。

簡単に言うと・省エネ・状態になるということです。

ダイエットはいかに消費エネルギーを
上回らせて体重の減少に努めるかが大事ですので
このホメオスタシスの働きは
ダイエット中はマイナスに働くということです。

どのような場合に停滞するか?

停滞期の起こる原因は
主に大幅なダイエットを行うと
起こりやすいとされています。

具体的には体重の5パーセント程度の
体重の減少が早いペースで
起こるとホメオスタシスが働き
省エネモードになることがあります。

75キロでダイエットを開始したとすれば
マイナス3.75キロダイエットすると
停滞期に入る恐れがあるということです。

どういうダイエット方法の際に
停滞は起こりやすいかといえば
やはり落ち幅の変動が大きなダイエットは
停滞期にも入りやすいと思います。

例えば糖質オフダイエットや

断食などはそれに当てはまると思います。

せっかくの大幅なダイエットも
停滞期が来てしまっては
その努力も台無しになりかねません。

停滞期が来ないようにするか
停滞期を打破する方法を
知ることでダイエットを遠回りすることなく
成功に導くことになります。

停滞期を打破するには

停滞期を打破するには
急激なダイエットを避けることです。

いい例が断食です。

例えば今まで2000キロカロリー摂取していた人が
いきなり限りなくエネルギーを摂らなくなるのですから
当然急激に体重は減ることになります。

そうすることで
身体の異常を感じホメオスタシス機能が働きます。

摂取カロリーを急激に下げるような
ダイエットは停滞を迎えやすいと
思っていいということです。

では具体的にはどう解消するべきか??

今までの話で当然ですが
極端な食事制限をしないことです。

おやつが多くて太っていたのなら
まずはそのおやつをやめるとか
そういったところから改善をしていくと
停滞は迎えにくいと思われます。

次に運動量を見直すことです。

ダイエットを意気込んで
食事制限も運動も頑張りすぎると
停滞を迎えやすくなります。

停滞期を打破するまでは
勇気を持って運動をやめてみるのも
一つの手段であると思います。

そして一番は専門家に相談をすることです。

パーソナルトレーナーや
ダイエットアドバイザーに
聞くことが一番のダイエットの成功につながります。

ダイエット中の停滞期を理解して
ダイエットを諦めるのではなく成功に導きましょう。

ダイエットの成功はダイエットの前に決まっている

ダイエットを行うにあたり
失敗をしたくないことは
すべての方に当てはまる欲求だと思います。

しかしダイエットの失敗は後を絶ちません。
ではダイエットに成功をする人と失敗をする人の差は
どこにあるのでしょうか。

その差を理解することで
ダイエットの成功につながるとことは
間違いないと思います。

ダイエットの成功は
ダイエットの前が一番重要になります。

・なんのために・取り組むかが重要

ダイエットが成功しない理由は
2つの理由が挙げられます。

やり方が間違っている
そもそもやっていない

この理由です。

そして圧倒的に多いのは
そもそもやっていないことです。

ダイエットをしようと決意をしたけど
3日後には甘いものを食べている・・・
なんて経験もあるのではないでしょうか??

この時に大事なことは
・なんのために・痩せたいかという目的が大事になります。

この思いが強ければ強いほどに
ダイエットは成功に近づくと思います。

例えば・・・
なんとなく今より痩せたいと言って取り組むか
今よりも痩せないと5年間生きられないと医者に言われて取り組むかでは
間違いなく後者の方が成功すると思います。

上記は極端ですが
本気で想い行動をすれば
達成していくということです。

まずは・なんのために・という
ダイエットに対する本気の想いを
高めていくことが
ダイエットの成功の絶対条件になります。

継続できる方法を実施する

前途した内容でもありますが
やり方が間違っていると
ダイエットは間違いなく失敗に終わります。

その方法は
ダイエットは1日にしてあらず。

今までの習慣が今の体を作っているように
これからの習慣で未来の体を作る必要があります。

そのためには継続して行える方法を
選択しなければダイエットの成功はありません。

ジョギングで痩せるにも
筋トレで痩せるにも
食事制限で痩せるにも
その効力を上げていくには継続力です。

継続なしに成功はありません。

継続できない一番の原因は
ダイエット方法にあります。

ダイエット方法が今までの生活と
あまりにも逸脱をしていては
継続するためにはかなりの精神力と根気を費やします。

人間は根本的に努力が苦手なので
一気にハードルが高い内容では
継続して行うことは難しいと思います。

継続して行える方法を選択しましょう。

目標設定を必ず行う

ダイエットを成功するためには
目標の管理が大事です。

目標が明確であり
その目標に対するダイエット方法も
適正であることが
成功確率を上げていくことにつながります。

目標もなくダイエットをしていては
目的地もなくどこに行けばいいのかと
道を尋ねているようなものです。

それでは案内しようがありません。

明確な目的地が定まっていれば
この場所に行きたいのですが
どのように行けばいいのですか??
と尋ねることができます。

ダイエットにおける明確な目標設定として
効果的な方法があります。

それはSMART(スマート)の法則を用いた目標設定です。
まさにダイエットに持ってこいのネーミングですが
実際にダイエットにも効果的な目標の立て方です。

これは英単語の頭文字をとってつけられたネーミングになります。

S pecific  = 具体的、わかりやすい
M easurable  = 計測可能、数字になっている
A greed upon = 同意して、達成可能な
R ealistic  = 現実的で結果志向
T imely  = 期限が明確、いつまでなど

実際のダイエットに当てはまめると下記のようになります。

S pecific  = 痩せて今よりも健康的で綺麗になる
M easurable  = Mサイズのトップスを着る、マイナス10kg
A greed upon = 健康的にも適正
R ealistic  = 過去に経験がある理想体重
T imely  = 3ヶ月間で達成

上記のような設定になります。

このように具体的で
なおかつ実現可能な目標設定をしていくことで
あとは正しい方法を
実施していくだけになります。

ダイエットを行うにあたり
まずは目標設定を必須として始めていきましょう。

ダイエットの成功は
ダイエットを始める前に決まっていると言えます。

・なんのために・取り組むか
・継続できる方法・を選べているか
・目標設定・は具体的にできているか

まずはこのポイントを見直して
効果的にダイエットを行いましょう。

レシピを変えて体型を変える

今までの生活週間が今の体を作ります。
体づくりの習慣で大きな原因となる食習慣です。

人間の体は食べたものからできています。

つまり食習慣の改善が
体型の変化や体型の悩みの改善につながります。

その解決のためには
日々の食事の選択がとても重要になります。

日々の食事の選択が自身の未来に向けた
理想の体型になるように選択を行えば
ダイエットもうまくいきます。

ダイエットのポイントを
理解してそのポイントにあったレシピを選択して
体型の悩みを解決しましょう。

豆腐

ダイエットで豆腐はとてもオススメです。

オススメな理由としては
豆腐は様々なレシピに代用ができることと
たんぱく質が豊富で脂肪の原因になる糖質が低いため
ダイエットに適していることが挙げられます。

豆腐を味方につけて
美味しく食べてダイエットをしましょう。

豆腐の良さは
代用として様々なレシピに活用できることです。

豆腐自体もたんぱく質が豊富で
カロリーは少ないので
ダイエットに適しています。

また視覚的な効果としても
ご飯と同様に白いものを食卓に並べると
満足度が高くなるので
豆腐をご飯の代わりに取り入れることもオススメです。

具体的なレシピとしては
豆腐ハンバーグは王道メニューです。

通常のひき肉や衣を使わずに作るので
脂肪の原因になる糖質の過剰摂取を抑えることができます。
脂質も少ないのでダイエットにはもってこいのレシピです。

次に豆腐ピザもオススメのメニューです。

豆腐を1センチの厚さに切って
カリッとするまで焼きます。

そのあとにピザソースとチーズをのせた
さらに焼けば出来上がりです。

とても簡単にヘルシーで
ダイエットメニューができます。

豆腐は様々なレシピで活用ができて
ダイエットに適しているため
オススメです。

鍋はたくさんの具材を入れることもでき
その自由度の高さから
ダイエットレシピとしては
とても重宝します。

具材を変えれば、味も変わるので
飽きもきにくく短い時間で調理ができるため
時間がなかったり料理が苦手な方でも
すぐに作れるダイエットレシピになります。

その中でもシメジや舞茸などを
たっぷりと入れたキノコ鍋はオススメです。

キノコは低カロリーでなおかつ食物繊維も豊富ですので
ダイエットには向いている食品です。

もう少し掘り下げるとキノコキトサンという栄養素が
脂質の吸収を抑えてくれますので
鍋にお肉やお魚を入れても
体脂肪になりにくいということになります。

ぜひ鍋にはキノコを入れたいです。

鍋は冬や寒い時期に食べることで
代謝を高めてくれる働きもありますので
代謝を下げずに食事で高めることとしては
鍋は適していると言えます。

前途したキノコ鍋に限らず
野菜もたっぷり入れることもできますし
肉や魚などのたんぱく質も多く入れることができますので
糖質オフでもカロリーオフでもコントロールしやすくなります。

市販でも鍋の素などたくさん出ています。
その鍋の素を活用していけば
簡単に時短で美味しい鍋がたくさん作ることができます。

ぜひ鍋を活用して
ダイエットのレシピを増やしましょう。

こんにゃく

こんにゃくにはほとんどカロリーはありません。
摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば痩せていくわけなので
カロリーがほとんどないということは
ダイエットに適しています。

こんにゃくはいろいろなレシピに活用できます。

こんにゃくを麺代わりにして
こんにゃくラーメンやこんにゃくパスタは
ダイエットの強い味かたになります。

またこんにゃくステーキは
冷凍したこんにゃくを使うことによって
本物のステーキのような食感を楽しむことができます。

味付けは市販のステーキソースや
焼肉のタレを使うので好みに合わせて
こんにゃくステーキが食べることができます。

その上カロリーはほとんどありません。

こんにゃくはスープにも
前途した鍋にも様々なレシピに活用できます。

カロリーが少ないだけでなく
活躍の場が多いことがこんにゃくの強みです。

ダイエットに適した食品選択

今の体型は今まで食事で成り立っています。
ダイエットを目指すなら食事の改善は必須条件になります。

食習慣の改善を行う上で
日々の食品選びはとても重要になります。

その食品の選択が自身の目指す体型に
見合ったものでないと大きな体型の変化は
望めないということになります。

食品の特性を知ることが
ダイエットの成功を知ることにつながります。

食べても太らないパン

ダイエットと聞くと
パンなどの炭水化物は太りやすくて
大好きなパンが食べれなくなり
ダイエットは精神的にきついと感じる人も
少なくはないと思います。

実は食べても太りにくいパンが存在しています。

それが「小麦ふすまパン」です。

一般的なパンは精製した小麦を使っています。
そのため美味しく甘みのあるパンが食卓に並びます。

通常のパンに対して小麦ふすまパンは小麦の精製前の状態です。
小麦ふすまには鉄分・マグネシウム・カルシウム・食物繊維などの
豊富な栄養素が多く含まれています。

しかし精製によって取り除かれています。

なぜ栄養たっぷりにもかかわらず
取り除かれているかというと
答えは簡単で味が落ちるからです。

今はダイエットや低糖質などの
注目も高まっているため
小麦ふすまパンも改良されて
味が格段に良くなっています。

通常のパンよりも太りにくく
ダイエット中でも食べれるパンです。

生活の中で取り込みやすい食品

ダイエットで食品を選ぶといっても
ダイエットは1日にしてならず。

継続的に食べていく必要があります。

ストレスなく日々の生活の中に
取り込みやすい食品を選択していくことが重要です。

その中でもオススメはこんにゃくです。
こんにゃくはカロリーがほとんどなく
ダイエットにはとても適しています。

整腸作用もあるため
生活習慣病の予防にもつながります。

こんにゃくは活用術さえわかれば
多くの食事に活用できる食品であると思います。

具体的には麺の代わりにこんにゃくを使えば
カロリーも少なく太りにくい食事に変わります。

市販でもこんにゃく麺やこんにゃくパスタなど
販売されていますので
ダイエットを始めた方にも
選びやすい食品であると言えます。

豆腐も取り込みやすく
ダイエットには適している食品になります。

カロリーも少なく
たんぱく質も豊富ですし
ビタミンEやカルシウムなども含み
栄養満点です。

食べ応えもあります。

冷奴でもいいですし
鍋やお味噌汁などにも活用できるので
食事のバリエーションも増えると思います。

またご飯の代わりに豆腐を食べることも
ダイエットには適しています。

視覚的に白いものが食事の中にあるだけで
心理的も落ち着くようです。

豆腐ハンバーグや豆腐チャーハンなど
レシピも豊富ですので
一度覚えてしまえばダイエット中の
ストレスを軽減してくれる食品になります。

寒天でスイーツ

スイーツが食べたい!だけとダイエットの大敵。
と言う方にお勧めしたのは寒天です。

そもそも寒天とは何か??

寒天はテングサやオゴノリといった
海藻から作られています。

そして約80%は食物繊維から成り立っています。
食物繊維は血糖を下げたり
腸内環境を整えたりと
ダイエットにはもってこいの栄養素です。

寒天はノンカロリーになるので
寒天を使ったスイーツなどは
ダイエットにとても適しています。

ダイエット中だけど
どうしてもスイーツが食べたい方でも
寒天を活用したゼリーなどは
太りにくいと言えます。

また寒天は食べ応えもありますので
カロリーは少ないけど食物繊維に吸水力があるため
満腹感をえやすい食品でもあります。

ダイエットに大事なことは
日々の行動を変え習慣化していくことです。
そのための食品選びを
理想の体型に見合った内容にする必要があります。

ダイエットに適した食品の選び方を理解し
ストレスなくダイエットを成功へ導きましょう。

ダイエットを理解する

ダイエットには様々な種類があります。

種類が多いことでダイエットに対する選択が増えることは
成功の可能性を高めてくれるメリットにつながるとは思います。

しかし反対に多すぎて自分はどのダイエットを選択するといいか
混乱することにも繋がります。

多種多様なダイエットですが
ダイエットの方法の属性を分けると
大きく食事と運動に分けることができると思います。

ご自身にあったダイエット方法を見つけて
行うことがダイエット成功の最短のルートだと思います。

食事でダイエット

糖質制限ダイエットは実施者も多いと思います。

最近もっともポピュラーなダイエット方法だと思います。

アメリカの研究でも人間で肥満の原因がもっとも高い要因は
糖質の過剰摂取であるという研究も発表されています。

この肥満の最大の原因となる糖質量を制限するダイエットが
糖質制限ダイエットです。

糖質の量を減らすことで体内から蓄えられていた糖質が抜けていき
通常であれば糖質をエネルギーとして活用したそのあとに
エネルギーとして活用される脂肪の燃焼を早めていく方法になります。

こちらのダイエットはたくさんの
専門家が監修している書籍やレシピ本なども出ていますし
糖質制限でダイエットを実施した方も少なくないのではないでしょうか。

デメリットとしては厳しくて
実施できないという方も多くいることと
元の食事に戻すと
元の体型に戻ってしまうというリスクがあることです。

この改善方法としては
糖質制限にも幅をもたせて実施をするということです。

例えばいきなり3食全てを
糖質を抜くときつく感じる方もいると思います。

まずは夜だけ抜いてみるとか
朝と夜を抜いてみるとか
そのようにして幅をもたせていくことで
ご自身のライフスタイルに合わせることができると思います。

糖質制限を自身の目標とライフスタイルに
合わせて行うことがダイエットを成功へと導くと思います。

カロリー制限ダイエットは
栄養素ではなく根本の摂取カロリーを意識をして
摂取量を減らすことで
ダイエットに導く方法です。

糖質制限とは違い
主に脂質の制限をしていきます。

脂っこいものや
肉や魚などを極力食事の中で減らし
摂取カロリーよりも消費カロリーを上回らせて痩せていく方法です。

また根本的な体質を変えることを考えると
糖質制限もカロリー制限ダイエットも運動を合わせて行うことで
筋肉量を維持・向上させることができ
結果として代謝を下げずにダイエットができます。

代謝を下げずにダイエットができたら
リバウンドのリスクは格段に下がります。

〇〇だけダイエットというダイエット方法も
根本はカロリー制限か糖質制限のいずれかに
見合ったものがほとんどです。

運動でダイエット

運動習慣を変えることももちろんダイエットになります。

ダイエットといえば大きく分けて
有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動はいわゆるジョギングやヲーキングなどです。

有酸素運動を行うことで
直接的に消費エネルギーを高めることで
痩せていく方法です。

ジョギングのメリットは
すぐに始められて
費用が掛からないことです。

有酸素運動でダイエットを行うには
ある程度の時間行うことが
効果的ですので運動が苦手な方や忙しい方は
きつく感じるかもしれません。

対する筋力トレーニングは
筋肉をつけることで直接的ではなく
将来的に代謝を高めて
痩せやすい体を作る方法です。

こちらは将来的に見ると
リバウンドのリスクも少なく
数値だけでなく見た目の変化も大きく
ダイエットの根本を解決することにつながるかもしれません。

しかし筋肉をつけるためには
知識も一定の期間継続して行うことが不可欠になります。

そのためジムやパーソナルトレーナーに
ついてもらうともちろん効果的ですが
費用が高くかかる可能性はあります。

自分にあったダイエット

今までの習慣が今の自分の体を作っています。

運動習慣、食習慣を変えることで
必ず体にも変化は出てきます。

その中で細かいダイエット方法は
何百という数が世の中にはあります。

基本的には運動か食事に変化を
起こすものしかないと思います。

自分自身の体や目的にあったダイエット方法を
選ぶことがとても重要になります。

取り入れやすいスープダイエット

ダイエットに大切な食習慣です。
食習慣を変えれば比例して体型も変化します。

その食習慣の変化がダイエットに適している変化であれば
もちろんダイエットは成功していくということです。

ひとえに食習慣を変えるといっても
多種多様な方法論があり
困惑することもあると思います。

身近で手軽に即実践可能な
食習慣の改善にオススメなものがスープダイエットになります。

メインディッシュの前にスープを飲む

スープは水分も多く味にもよりますが
低カロリーで大変美味しく作れるものが多いです。

市販のものでも卵スープやわかめスープなど
お湯を入れてすぐにできるものも普及しています。

このスープを食事の際にメインディッシュよりも前や
食事の一番初めに飲むことでダイエット効果が見込めます。

理由としてはスープを飲むことで
事前に満腹感を得ることができます。

そのあとに他の食材を食べるようにすると
満腹感のある状態で食べることにより
早い時間にお腹が満たされやすくなります。

お腹が満たされるということは
ドカ食いや食欲が止まらないという状態は格段に減るということです。

またスープの中に食物繊維が豊富の
野菜を入れることによって食物繊維が
その他の食事の脂質の吸収を抑えてくれる働きがあります。

食事の中にスープを入れることで
健康もダイエット効果も手に入れることにつながります。

置き換えにスープを代用

現在肥満で悩んでいる方は
置き換えにスープを使用するということもオススメです。

具体的には1日のうちの1食をスープにするという内容です。

摂取カロリーよりも消費カロリーが
上回ることで痩せていくわけですので
通常の食事よりもカロリーの少ないスープで
置き換えにすれば当然痩せていくことになります。

なおかつスープは水分が多いので満腹感も得やすく
野菜や食材も合わせやすく飽きがこないのもスープの強みであると思います。

また置き換えに代用する際にオススメなのは
たんぱく質を取り入れたスープになります。

理由としてはたんぱく質を
摂り入れていくことで筋肉の減少を防ぐことにつながります。

痩せていくと少なからず
脂肪と共に筋肉も減少してしまいます。
それを解消するためにも
たんぱく質を豊富に含んだすスープがいいのです。

例えば卵スープは
卵に含まれるたんぱく質も豊富ですし
ビタミンも入っていますので
筋肉の維持にも向いています。

ダイエット時のスープとしては適していると言えます。

汎用性のあるスープダイエット

スープダイエットのメリットは何といっても汎用性です。

様々な目的とライフスタイルに合わせて
スープに変化をつけることで
ストレスなくダイエットがしやすくなります。

例えば朝食に卵スープを摂ることで
代謝も上がりますし
エネルギー不足による筋肉の分解も防ぐことができます。

大幅なダイエットを望む方でしたら
夜は置き換えにスープを摂ることで
代謝が下がっているタイミングで
低カロリーのスープを摂るのでダイエット効果も期待できます。

食べ過ぎた次の食事にスープを摂ることで
食べ過ぎた分の余剰カロリーを精算するするコトができ
体脂肪の蓄積を防止することにもなります。

置き換えでなくても
食卓にスープを並べると
食べ過ぎの抑制になります。

また作り方としてもシンプルなものも多いですし
市販のものもたくさんありますので
ダイエットはしたいけどどうしたらいいか分からない方にも
まずは導入として始めやすいダイエット方法であると思います。

継続して行うことが難しいという方は
まずは出来る範囲で行うことと
ご自身の目標設定に合わせて
スープダイエットを導入していくことが大事です。

ストイックすぎる食事制限では
リバウンドの可能性もありますので
食習慣の中にスープを適切に摂りいれて
ストレスなくダイエットの成功を手にしましょう。

ダイエット効果を上げる朝食の選び方

食習慣の見直しはダイエット効果に直結するものです。

 

根拠として摂取カロリーよりも消費カロリーが
上回れば必然的に体重は下がっていきます。

 

単純に言えば食べなきゃ体重は減っていきます。

 

しかしその減り方が適切でないとしたら
間違いなくリバウンドのリスクも高まっていきます。

 

以外と気づかずにやってしまっている
太りやすくなる痩せ方があります。

 

朝食抜きの危険性

朝食を食べないということは
実はとてもリスクがあります。

 

確かにダイエットは摂取カロリーを抑えれば
理論上は痩せていきます。

 

しかし注目すべきは減った体重の割合です。

 

例えば-10キロ減っても
その内5キロが筋肉だとしたら
ダイエットは失敗だと言えます。

 

筋肉が減って代謝が下がった体は
とてもリバウンドしやすくなってしまいます。

 

一度リバウンドして体重が戻ってしまったら
筋肉も減っている分
今度は簡単には痩せることが
出来なくなってしまいます。

 

食事を抜いて痩せるというのには
どうしてもリスクが伴います。

 

その中でも特に朝食は重要になります。

 

夜に寝て朝に起きるまでに
6時間~8時間程度あったとします。
起きて朝食を食べないということは
おそらく次に食事を摂るタイミングは
昼食になると思います。

 

ということは12時間程度何もエネルギーを
取り込んでいないことになります。

 

人間には省エネ機能があります。
外からエネルギーが入ってこないと
エネルギーを使わないでいいような変化をします。
その変化とは自らの筋肉を分解し代謝を下げていく変化です。

 

そのような習慣を繰り返して
痩せていっても
いつか頭打ちが来ます。

 

そして頭打ちが来るということは
代謝が下がっている確固たる証拠になります。

 

もちろん朝食を抜く理由としては
時間がないとか
朝から食べることはきついとか
調理が面倒とか
様々な理由はあると思います。

 

まずはこの理由を解消する
方法を見つけていきましょう。

 

時間がないを解消する

時間がないという方に
まずオススメなのはヨーグルトです。

 

ヨーグルトは程よい糖分とたんぱく質も入っています。
なおかる脂質は抑えているものが多く販売されています。

 

ダイエット時の朝食としては
とても重宝すると思います。

 

次にゆで卵です。
卵はフルーツから摂れるビタミンC以外の
ミネラルとビタミンは全て含んでいるといわれる
完全栄養食品です。

 

たんぱく質も豊富で
ダイエット中の筋肉の分解も
防いでくれることになると思います。

 

夜に作って冷蔵庫に入れておけば
短い時間でも究極、会社に行きながらでも
食べやすいのではないでしょうか。

 

プロテインもとてもオススメです。
プロテインとはサプリメントで
たんぱく質を吸収しやすいように粉状にしたものです。

 

たんぱく質を摂取することで
筋肉の分解を防ぎますし
時間がないという方も
1分もあれば簡単に作ることができます。

 

今はプロテインも普及していて
頻繁に飲まれる方が増えています。

 

それに伴って
味のバリエーションも豊富ですので
ご自身の好みにあった
プロテインが必ず見つかると思います。

 

時間がないと言って
朝食を抜いていては
ダイエットの成功は遠のいてしまいます。

 

時間を使わず調理も簡単で摂取できるものを
選びダイエットを成功させましょう。

 

コーンフレークや玄米ブランなどはダイエットに効果的か

朝食としてダイエット効果を高めていくのでしたら
コーンフレークや玄米ブランなどは
オススメはできません。

 

ダイエットということでしたら
やはり糖質を多く含むものなどは
適していないといえます。

 

確かに様々な栄養素もバランスよく入っていますが
ダイエットということでは
そのバランスを少なからず崩していくことが重要です。

 

例え健康にいいと言われる食材であっても
太ってしまい生活習慣病になれば
健康にいい食材ではありません。

 

あくまで健康でダイエットもでき
リバウンドをしない体質を
手にいれていくための
朝食を選択していきましょう。

アプリを使いこなしダイエット

ダイエットを行う上で周りの影響というものは
とても大きな力を発揮すると思います。

一人でダイエットを行っていても
どうしても食欲の誘惑に負けてしまったり
明確な目標設定がなく惰性で続けてしまっていては
効果もついてこないと思います。

かといってパーソナルジムなどに通うと
高額の資金が必要であったと中々踏み込めない人も
いると思います。

そこで気軽に一人でも
明確な目標を見失うことなく
ダイエットを行うことができるツールが
ダイエットアプリです。

ダイエットアプリはダイエットの手助けを行うような
多種多様な機能を備えています。

自分のダイエットの弱点を理解して
その弱点を補うアプリを選択できれば必ず
サポートになると思います。

多種多様なアプリ

現在ダイエットアプリでは
多種多様な機能のものがあります。

もしもダイエットでうまくいかなくて悩んでいる方は
ダイエットアプリがダイエットの成功確率を
引き上げてくれることに繋がるかもしれません。

大きく分けるとアプリは4つの種類があります。

まずは体重管理アプリです。
日々の体重を入力することでデータとして
残しておくことができます。
記録として残していくことで現状把握ができます。

また普通に計算すると少しややこしい
BMI(ボディマスインデックス)の計測をしてくれるものもあります。

BMIとは健康基準値になります。
高ければ肥満となり糖尿病や疾患のリスクも上がっていきます。

この基準を簡単に知ることができますので
痩せるべきか痩せないべきかで悩んでいる方は
目安にもなると思います。

次にカロリー計算アプリです。
ダイエットで大事な食習慣です。

人間の体は食べたもので出来ています。
食べたものが多すぎると太り、少ないと痩せていきます。

そのためのカロリー計算をしてくれる便利なアプリです。
莫大な食品データから算出してくれるので
面倒な手間が一切かかりません。

自分のデータを入れると
目標カロリーを出してくれるものも多いので
どの程度食べていいのかという目安にもなります。

食事で痩せ方がわからない方の解決策になります。

そして情報アプリです。
専門家によるダイエットの情報やエクササイズの方法や
食事や痩せやすい食べ物の情報などを手軽にアプリで
手に入れることを可能にしています。

一つ一つの情報を調べるというのは
結構な時間も手間もかかるものです。

アプリによって一括して
情報が凝縮されているというのは
とても便利です。

ご自身の状況にあった
情報を抜粋して実施していくことも出来ますね。

最後に応援アプリです。
かわいいキャラクターがダイエットの応援をしてくれるアプリです。
ダイエット中、どうしても誘惑に負けそうな時や
大変な状況の時に“頑張って”の応援は
とても励みになると思います。

それを可能にしているアプリです。

ストーリー仕立てのものや見ているだけで
面白いアプリも多数ありますので
モチベーションの持続が続かない方は
応援アプリで解決できるかもしれませんね。

手間を省いてダイエットのサポート

ダイエットアプリを使うことで
抱える悩みや面倒くさい手間を手軽に
解決してくれることになります。

例えばどの程度食べればいいかわからない場合は
カロリー計算と情報アプリを活用していくことで
適切なダイエットの方法を導くことができます。

どの程度痩せればいいのか?と
悩んでいても適正な数値目標設定なども
アプリによって管理ができます。

ダイエットのモチベーションが下がった時は
かわいいキャラクターが応援もしてくれます。

ダイエットの失敗には
必ず原因があります。

その原因を解決する方法が
手軽にそして身近にアプリを使うことで
解決になる可能性があります。

多種多用な機能がある
アプリを使いこなしてダイエットを簡単に。