ダイエットは夕食を改善して体型も改善

今までの行動の積み重ねが
今の体型を作っています。

つまり生活習慣と体型は比例します。

その中でも食事が
体型に関わる割合はとても多くなります。

多くの場合は理想の体型になるための
食習慣と実際の食習慣には
大きなギャップがあります。

そのギャップを埋めていくことが
体型を変える上ですごく重要になります。

そしてその食事の中でも
特に体型に多く関わるタイミングは
夜のお食事になります。

夜の食事を見直すことで
求める体型へと変化していきましょう。

なぜ夜は太りやすいのか??

そもそもなぜ夜の食事は
太りやすいのか??

ますは太るメカニズムを理解しておく必要があります。

一般的な生活をしている人であれば
昼が最も太りにくく夜が最も太りやすいです。

この理由は人間の代謝に
大きく関係しています。

代謝とは簡単にいうと
消費されるエネルギーになります。

消費エネルギーは朝から日中にかけて活発な時間にかけて
上がっていき夜に向けて下がっていきます。

もっと具体的にいうと
体が起きている状態の時に上がり
眠りに近づいていくと代謝が下がっていくということです。

つまり寝る時間に近ければ
消費エネルギーは下がるので
そのタイミングで食事をとると
太りやすくなります。

夜の食事は太ると言われるのには
こういった理由があります。

つまり夜の食事の過剰摂取は・危険・ということです。

夜の食事を改善していく

夜の食事の改善が
ダイエットに対しては必須になりますが
具体的にどのように行うことが適切か
いくつか具体例をあげていきます。

まずは夜の炭水化物は避ける。

現代人にとって太る一番の要因は
・糖質の過剰摂取・です。

その原因となるご飯・パン・麺などの
主食を太りやすいタイミングである
夜は思い切って避けるということもダイエットには効果的です。

いきなりご飯を抜くことは難しい場合は
ご飯ではなく玄米に変えれば
食物繊維が豊富で
脂肪増加を抑制してくれる働きもあります。

早食いになると玄米の
食物繊維がしっかりと
効果が働かないので
雑穀米などから始めると良いかと思います。

玄米や雑穀米は
糖質が少なくなりますので
ダイエット効果も期待できます。

他にもご飯ではなく
そばもオススメです。

こちらに関しては
GI値と呼ばれる血糖値の上昇の速さを
示す数値がご飯に比べると低いため
太りにくい麺になります。

まずは今食べている・ごはん・を
改善していくことが
無理なくダイエット効果をあげる秘訣になります。

ちょっとした工夫で大きな変化

工夫をすることで
夜の食事で太りにくくすることができます。

まずはフレンチ料理のフルコースに見立てた食べ方を行うということです。

フレンチ料理を食べるというわけではありません。

あくまで・食べ方・だけを取り入れるということです。

具体的にはフレンチのフルコースは
まずは前菜が出てきてスープが出てきて
メインディッシュというような流れがあります。

この流れは非常にダイエットに適しています。

前菜で食物繊維を摂取し
スープによってあらかじめお腹を満たし
そして一番栄養のあるメインディッシュともなれば
食事における満腹度は上がります。

夜の食事では過剰摂取が注意ですので
この食べ方はとても効果的です。

ぜひフレンチ料理のフルコースの流れを真似てみてください。

置き換えダイエットも効果的だと思います。

置き換えダイエットは
具体的に言うとプロテインをとることで
夜の食事の代わりにしましょうとか
野菜のスムージーをとることで
食事の代わりにしましょうというものです。

もちろん摂取カロリーが極端に減るので
ダイエットには効果的です。

しかしデメリットもあって
急激なカロリーの制限は
筋肉を減らしてしまい結果としては
代謝が下がりリバウンドのリスクが向上します。

ですが夜の食事であれば
夜はそもそも代謝が下がるため
筋肉の分解も起こりにくいといえます。

このタイミングでの置き換えは
ダイエットのリスクが少なく
ダイエット効果を高めてくれます。

置き換えダイエットをするなら
ぜひ夜に実施をしましょう。

レシピを変えて体型を変える

今までの生活週間が今の体を作ります。
体づくりの習慣で大きな原因となる食習慣です。

人間の体は食べたものからできています。

つまり食習慣の改善が
体型の変化や体型の悩みの改善につながります。

その解決のためには
日々の食事の選択がとても重要になります。

日々の食事の選択が自身の未来に向けた
理想の体型になるように選択を行えば
ダイエットもうまくいきます。

ダイエットのポイントを
理解してそのポイントにあったレシピを選択して
体型の悩みを解決しましょう。

豆腐

ダイエットで豆腐はとてもオススメです。

オススメな理由としては
豆腐は様々なレシピに代用ができることと
たんぱく質が豊富で脂肪の原因になる糖質が低いため
ダイエットに適していることが挙げられます。

豆腐を味方につけて
美味しく食べてダイエットをしましょう。

豆腐の良さは
代用として様々なレシピに活用できることです。

豆腐自体もたんぱく質が豊富で
カロリーは少ないので
ダイエットに適しています。

また視覚的な効果としても
ご飯と同様に白いものを食卓に並べると
満足度が高くなるので
豆腐をご飯の代わりに取り入れることもオススメです。

具体的なレシピとしては
豆腐ハンバーグは王道メニューです。

通常のひき肉や衣を使わずに作るので
脂肪の原因になる糖質の過剰摂取を抑えることができます。
脂質も少ないのでダイエットにはもってこいのレシピです。

次に豆腐ピザもオススメのメニューです。

豆腐を1センチの厚さに切って
カリッとするまで焼きます。

そのあとにピザソースとチーズをのせた
さらに焼けば出来上がりです。

とても簡単にヘルシーで
ダイエットメニューができます。

豆腐は様々なレシピで活用ができて
ダイエットに適しているため
オススメです。

鍋はたくさんの具材を入れることもでき
その自由度の高さから
ダイエットレシピとしては
とても重宝します。

具材を変えれば、味も変わるので
飽きもきにくく短い時間で調理ができるため
時間がなかったり料理が苦手な方でも
すぐに作れるダイエットレシピになります。

その中でもシメジや舞茸などを
たっぷりと入れたキノコ鍋はオススメです。

キノコは低カロリーでなおかつ食物繊維も豊富ですので
ダイエットには向いている食品です。

もう少し掘り下げるとキノコキトサンという栄養素が
脂質の吸収を抑えてくれますので
鍋にお肉やお魚を入れても
体脂肪になりにくいということになります。

ぜひ鍋にはキノコを入れたいです。

鍋は冬や寒い時期に食べることで
代謝を高めてくれる働きもありますので
代謝を下げずに食事で高めることとしては
鍋は適していると言えます。

前途したキノコ鍋に限らず
野菜もたっぷり入れることもできますし
肉や魚などのたんぱく質も多く入れることができますので
糖質オフでもカロリーオフでもコントロールしやすくなります。

市販でも鍋の素などたくさん出ています。
その鍋の素を活用していけば
簡単に時短で美味しい鍋がたくさん作ることができます。

ぜひ鍋を活用して
ダイエットのレシピを増やしましょう。

こんにゃく

こんにゃくにはほとんどカロリーはありません。
摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば痩せていくわけなので
カロリーがほとんどないということは
ダイエットに適しています。

こんにゃくはいろいろなレシピに活用できます。

こんにゃくを麺代わりにして
こんにゃくラーメンやこんにゃくパスタは
ダイエットの強い味かたになります。

またこんにゃくステーキは
冷凍したこんにゃくを使うことによって
本物のステーキのような食感を楽しむことができます。

味付けは市販のステーキソースや
焼肉のタレを使うので好みに合わせて
こんにゃくステーキが食べることができます。

その上カロリーはほとんどありません。

こんにゃくはスープにも
前途した鍋にも様々なレシピに活用できます。

カロリーが少ないだけでなく
活躍の場が多いことがこんにゃくの強みです。

運動習慣を変えて体型を変える

ダイエットを成功に導くためには
今までの生活習慣を改善する必要があります。

生活の改善が体型の改善につながります。
その中でも直接的に体型に関わる習慣が運動習慣です。

若い頃は部活をやっていたけど
デスクワークが多くなり運動が生活から
離れている方も多いと思います。

それに伴い太ってしまった・・・
なんて方の話は良く聞きますよね。

改善には運動が必須です。

運動の中でもいろいろなものがあります。
その中でもダイエットに効果的な方法と理由を知ることが
体型を変えていく上で重要になります。

痩せるメカニズム

痩せる定義を理解して行動に移すことが
体を変える上でとても重要です。

人間は消費エネルギーと摂取エネルギーがあります。
そして摂取エネルギーを消費エネルギーが
上回れば痩せていくということになります。

少しわかりやすく言うと
食べた量が摂取エネルギーで
動いた量が消費カロリーになります。

食べた分以上に動けば痩せていくということになります。

有酸素運動でダイエット

一般的に痩せる!といえば
ジョギングやウォーキングなどが
思いつくのではないでしょうか。

いわゆる有酸素運動になります。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動の良さは
やはり場所を選ばないことにあると思います。

究極、道さえあればできる運動になります。

なおかつ即効性が高く
やればやるだけ痩せていくことが
可能であると思います。

友達と一緒に時間を作ったりして
歩いたりすると
退屈な時間も楽しめるかもしれませんね。

ストレスの発散や最近では老化防止にもいいと
言われていますので
運動として取り入れやすいのではないかと思います。

リスクとしては長時間の有酸素運動を栄養管理なく行っていくと
代謝が下がってしまい逆に太りやすく
なってしまうということがあります。

人間は主たるエネルギーとして
糖質と脂質があります。
脂質をエネルギーとして使うので
当然体脂肪の燃焼も期待できるわけです。

しかし長時間の有酸素運動を栄養補給なく行ってしまうと
体の筋肉を分解してエネルギーを作ってしまう
という人間の特性があります。

筋肉が減ると基礎代謝が下がります。
基礎代謝が下がると
冒頭で話した消費エネルギーが下がってしまうので
結局はリバウンドのリスクも上がってしまいます。

簡単に取り組める有酸素運動ではありますが
同時に栄養管理を行い効果を高めていくことが
結果を出すダイエットにつながると思います。

無酸素運動でダイエット

有酸素運動に対して
無酸素運動というものがあります。
無酸素運動とは簡単いうと筋トレです。

筋トレもダイエット効果が高いので
その解説になります。

人間の基礎代謝の40%以上は
この筋肉によるものであるといわれています。
基礎代謝とは何もしなくても、生きているだけで
消費していくエネルギーになります。

つまり基礎代謝が高ければ高いほどに
痩せやすい太りにくい体質であるということです。

また筋肉がつけば
引き締めの効果もありますので
見た目的な変化も大きく出すことができます。

ダイエットの目的はそれぞれですが
多くは見た目を変えたいと思いますので
劇的な変化が期待できるダイエット方法は
筋トレであると思います。

筋トレの欠点としては知識がない方ですと
簡単に効果を出すことができないと思われます。

正しい負荷や回数、頻度などを掛け合わせることで
大きく変化を出すことができますので
専門的な知識は必要であると思います。

なおかつ筋トレだけでは成果は出ず
同時に筋肉を維持・向上させるような食事があってこそ
筋トレは効果を発揮します。

有酸素運動と比べると
運動初心者の方は難しく感じるのではないでしょうか。

体を変えるには習慣を変える必要があります。
その中でも運動習慣を変えることは
直接的にダイエットに関わっていきます。

運動には大きく2つのタイプがあります。
有酸素運動と無酸素運動です。

理想はどちらも行うことですが正しい知識を学び
ご自身のライフスタイルに合わせて行うとダイエットにつながります。