ダイエットは夕食を改善して体型も改善

今までの行動の積み重ねが
今の体型を作っています。

つまり生活習慣と体型は比例します。

その中でも食事が
体型に関わる割合はとても多くなります。

多くの場合は理想の体型になるための
食習慣と実際の食習慣には
大きなギャップがあります。

そのギャップを埋めていくことが
体型を変える上ですごく重要になります。

そしてその食事の中でも
特に体型に多く関わるタイミングは
夜のお食事になります。

夜の食事を見直すことで
求める体型へと変化していきましょう。

なぜ夜は太りやすいのか??

そもそもなぜ夜の食事は
太りやすいのか??

ますは太るメカニズムを理解しておく必要があります。

一般的な生活をしている人であれば
昼が最も太りにくく夜が最も太りやすいです。

この理由は人間の代謝に
大きく関係しています。

代謝とは簡単にいうと
消費されるエネルギーになります。

消費エネルギーは朝から日中にかけて活発な時間にかけて
上がっていき夜に向けて下がっていきます。

もっと具体的にいうと
体が起きている状態の時に上がり
眠りに近づいていくと代謝が下がっていくということです。

つまり寝る時間に近ければ
消費エネルギーは下がるので
そのタイミングで食事をとると
太りやすくなります。

夜の食事は太ると言われるのには
こういった理由があります。

つまり夜の食事の過剰摂取は・危険・ということです。

夜の食事を改善していく

夜の食事の改善が
ダイエットに対しては必須になりますが
具体的にどのように行うことが適切か
いくつか具体例をあげていきます。

まずは夜の炭水化物は避ける。

現代人にとって太る一番の要因は
・糖質の過剰摂取・です。

その原因となるご飯・パン・麺などの
主食を太りやすいタイミングである
夜は思い切って避けるということもダイエットには効果的です。

いきなりご飯を抜くことは難しい場合は
ご飯ではなく玄米に変えれば
食物繊維が豊富で
脂肪増加を抑制してくれる働きもあります。

早食いになると玄米の
食物繊維がしっかりと
効果が働かないので
雑穀米などから始めると良いかと思います。

玄米や雑穀米は
糖質が少なくなりますので
ダイエット効果も期待できます。

他にもご飯ではなく
そばもオススメです。

こちらに関しては
GI値と呼ばれる血糖値の上昇の速さを
示す数値がご飯に比べると低いため
太りにくい麺になります。

まずは今食べている・ごはん・を
改善していくことが
無理なくダイエット効果をあげる秘訣になります。

ちょっとした工夫で大きな変化

工夫をすることで
夜の食事で太りにくくすることができます。

まずはフレンチ料理のフルコースに見立てた食べ方を行うということです。

フレンチ料理を食べるというわけではありません。

あくまで・食べ方・だけを取り入れるということです。

具体的にはフレンチのフルコースは
まずは前菜が出てきてスープが出てきて
メインディッシュというような流れがあります。

この流れは非常にダイエットに適しています。

前菜で食物繊維を摂取し
スープによってあらかじめお腹を満たし
そして一番栄養のあるメインディッシュともなれば
食事における満腹度は上がります。

夜の食事では過剰摂取が注意ですので
この食べ方はとても効果的です。

ぜひフレンチ料理のフルコースの流れを真似てみてください。

置き換えダイエットも効果的だと思います。

置き換えダイエットは
具体的に言うとプロテインをとることで
夜の食事の代わりにしましょうとか
野菜のスムージーをとることで
食事の代わりにしましょうというものです。

もちろん摂取カロリーが極端に減るので
ダイエットには効果的です。

しかしデメリットもあって
急激なカロリーの制限は
筋肉を減らしてしまい結果としては
代謝が下がりリバウンドのリスクが向上します。

ですが夜の食事であれば
夜はそもそも代謝が下がるため
筋肉の分解も起こりにくいといえます。

このタイミングでの置き換えは
ダイエットのリスクが少なく
ダイエット効果を高めてくれます。

置き換えダイエットをするなら
ぜひ夜に実施をしましょう。